日本最大級の無人島を巡る「沖縄県」と「国」と「地主」それぞれの思惑

沖縄

(C)Shutterstock

戦国時代に鉄砲が伝来した種子島の西方12kmの東シナ海上に、馬毛島(まげしま=鹿児島県西之表市)という島がある。この島から人の姿が消えてほぼ50年が経つ。

馬毛島は、1995年に石油備蓄基地案が浮上したことでダーティーマネーが飛び交った。そして、この島を4億円で購入したのが、立石建設工業(東京)の創業者で元社長、現在は会長である立石勲氏だ。