日本の「ある資源」が世界3位だと知っていますか?

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

日本の地熱資源はアメリカ、インドネシアに次ぐ世界第3位だ。それにもかかわらず、発電設備容量で見ると世界第9位まで後退する。つまり、資源量は豊富だが、発電設備の普及が進んでいないのだ。

国内初の商用地熱発電所として、岩手県八幡平市に『松川地熱発電所』が建設されたのは、いまから半世紀をさかのぼる。