プーチン大統領のレリーフiPhone7がロシアで発売!驚愕のお値段は?

3DSculptor / PIXTA(ピクスタ)

3DSculptor / PIXTA(ピクスタ)

ロシアのプーチン大統領といえば、圧倒的存在感を放っている世界的政治家の一人。

12月に来日をし、安倍首相と会談をする予定になっています。

延べ12年間ロシア連邦大統領を務めるほどに人気を誇るプーチン大統領ですが、彼が迎えた今年10月7日の誕生日を記念して、凄いものが発売されました。

 

プーチン大統領の誕生日を記念して発売されたのはなんと『iPhone』。

iPhoneといっても、ただのiPhoneではありません。

機体にダマスカス鋼の模様と、立体的なロシア国旗、プーチン大統領の胸像のレリーフ、そして「我々はあらゆる難題に受けて立つ。我々はロシアの繁栄のために力を尽くす。」というプーチン大統領の言葉の引用したメッセージが掘られています。

 

このiPhoneを作ったのは、スマートフォンの高級仕上げに特化したロシア企業『CAVIAR』。

ダマスカス鋼は古代インドで作られた鋼材です。

インドに現存する『テリーの柱』にダマスカス鋼が使われており、1600年経った今でも錆びていないということで、優れた鋼でステイタスの象徴として名声を得ていました。

現代のダマスカス鋼は一般的に鋼と鍛鉄などの異種金属を鍛練し、人工的に模様を生み出した材料の総称として知られています。

 

そのダマスカス鋼をレリーフに使ったiPhoneは限定で64台、お値段はなんと日本円で約34万5000円~38万5000円!

通常のiPhone7本体価格は7万~10万円なので、3倍~5倍のお値段となっています。

 

ロシアで発売された、このiPhoneを知るとネット上では、

”強そう”
”これを待っていた”
”胸ポケットに入れておけば守ってくれそう”
”プーチンモデルとかまた凄いのがきた”
”何気にイカす”
”買える値段だ”
”ダマスカス銅というだけでちょっと欲しくなる”
”日本もヒヒイロカネで作ってくれ”

こういった声が上がっています。

 

たしかに、高級感と強さを感じさせてくれるこのiPhoneは、持ってるだけで偉くなった気がするし、ダマスカス鋼が守ってくれそうです。

プーチン大統領のレリーフというのもポイントが高そうです。

 

日本ではスマホにケースをつけるのが当たり前で、“実用性重視のもの”から“デザイン重視のもの”まで種類が豊富。ケース1つ選ぶのにもセンスが問われます。

日本でもこのようなレリーフが施されたスマホケースがあったら売れそう!

“誰のレリーフが施されるか”で、売れ行きが大きく変わりそうですが見てみたいものです。

 

【あわせて読みたい】

※ まだ空腹我慢してるの!? 芸能人も実践する「頑張らないダイエット」-Sponsored-

戦慄!ロシアオウム真理教が企てる「麻原奪還テロ計画」とは…

露プーチン大統領が英エリザベス女王のことを宇宙人だと暴露

※ ロシア・プーチン大統領に時間を支配する「タイムトラベラー」疑惑写真が!

怯え太り…チキン暴君・金正恩の「やけっぱちミサイル発射」の恐怖