なんだこの猫…飼い主の腕が水に濡れるのを必死に防いでいるぞ!

まず、この姿をみて頂きたい。飼い主が水道の蛇口に手を伸ばそうとすると……。

■やめとけ!

11

とでも言わんばかりに、前足で飼い主の腕をたぐり寄せ”手が水に濡れるのを必死に阻止する”という、ある意味では目を疑ってしまう作品で、いま大手動画サイトの『Youtube』で大ブレイクしているのだ。

もう一回ソロソロと腕を伸ばしても……

33

ほらこの通り!

素早く前足で引き戻し、口を大きく開け「触れるんじゃない!」と警告している。これは何故だろうか?

愛猫家の方はよくご存知だと思うが、猫はすごく自分勝手な生き物であり、極端な話、飼い主がその場にぶっ倒れようが、白目を剥こうが、自分に危害が及ばない無い限り”普通は知らんぷりする”はずなのである。

ましてや、こんな”細やかな心遣いが出来る猫”というのは、見たことも聞いたこともない。

しかし、動物の専門家である獣医師の意見は少し違っていて、猫は一緒に暮らす飼い主のことを、自分の子供、あるいは親と見なして接する”意外な一面”があるというのだ。

 

■危ないから手を出すな!

5

なるほど……これは確かに、親猫が子猫に”水に対する注意をうながしている”ようにも見える。

なぜ猫がこんなにも水を嫌うかといえば、猫の体毛が水を弾くようにできておらず、身体が水に濡れると体温が奪われるからだ。特に冬場、子猫の場合は”命取り”になることもある。

つまり、この猫が飼い主を子猫に見立てて危険な水から遠ざけ、その命を守ろうとしていたと考えれば、この行動は十分に納得がいく。

 

■愛の証は手に残った

44

動画の最後で飼い主は、何度も引っ掻かれているうち”手に傷が付いてしまった”とアピールしている。

しかしこれは、純粋で無垢な心を持つ猫に対し、こんな実験をした飼い主に対する”ちょっとした罰”であり、また、猫の飼い主に対する”最高の愛情表現”であると言えないだろうか。

ともあれ、ここまで親子愛にあふれた素晴らしい猫と一緒に暮らせる飼い主は、もしかすると”世界でいちばん幸せ”なのかもしれない。

 

 

【参考】

ペットクリニック・ドットコム – ワンちゃんとネコちゃんの違い【動物まめ知識】

YouTube

 

【あわせて読みたい】

※ まだ空腹我慢してるの!? 芸能人も実践する「頑張らないダイエット」-Sponsored-

死を目前にした「18歳のおじいちゃん」とある女性の感動ストーリー

猫を飼っている女性に囁かれ始めた男女交際での「ある特徴」

犬より猫がペットとして「人気」になってきた3つの理由

「猫の楽園」愛媛・青島に善意で集まった大量のキャットフードに新たな問題が…