「恋人にしたい彼女の出身地」調査――3位は東京都、2位北海道、1位は?

grandfailure / PIXTA(ピクスタ)

grandfailure / PIXTA(ピクスタ)

アニメやテレビのバラエティー番組の影響からか、方言を話すいわゆる“方言女子”が人気だ。

春ごろに新入学生向けの調査などでよく見掛ける《彼女にしたい出身地》の調査。最近に某メディアが実施したアンケートでは、1位は東北の秋田県だった。2位が北海道、3位に東京都…といった順番だ。

「《付き合いたい相手》や《結婚したい女性》といったアンケートでは、だいたい秋田県がベスト3に入ってきます。確たる論拠はありませんが、秋田女子の評価は高いです」(女性誌編集者)

昔からある『秋田美人』という言葉はあまりにも有名だろう。

「美人と思うかどうかは主観か影響し、時代によっても違いがあります。だから、明確な条件や理由付けはありません。ただ、一般的には、肌がきれい、艶っぽいというのが、秋田女子を知っている人間の共通認識です。壇蜜(35)、佐々木希(28)が、その代表格でしょう」(同・編集者)

壇蜜はセクシーな写真が多く、佐々木はモデルとして活躍。肌には自信を持っているようだ。

「佐々木などは酒好きで知られていますが、秋田県には日本酒を飲む女子が間違いなく多く、これが美肌に関係していると思います。よく20歳なったら飲酒可という話が出ますが、秋田では、20歳になったら日本酒可という感覚です」(秋田県地元紙記者)

秋田県の日本酒の個人消費量は全国で2位。これは国税庁ほか各種の調査でも明らかになっている。ちなみに1位は新潟県。この1位と2位は例年不動の順位になっている。そういえば、秋田には『あきたこまち』という有名な米がある。

「新潟も秋田も降雪県ですが、雪質が全く違います。新潟は湿り雪で、秋田はさらさらとした雪で降雪量も多い。両県とも日本海に面していますが、秋田の方が北にあり気温も低い。そのため体を暖めるために女性も日本酒を飲むようになったとも言われています」(同・記者)

2位の北海道に関しては、次のように言われている。

「日照時間が関係しているのか、やはり色白。男性は色黒より色白の方が、好きということでしょう」(男性誌編集者)

3位の東京も同じ編集者によると、日本の流行発信の中心で、ファッションが洗練されているからだという。

 

【あわせて読みたい】

※ 大阪のおばちゃんが嫌いな女性芸能人は…

※ 木村拓哉のドラマ主演で妻の工藤静香が絶対に許さない「一つの条件」

※ 「女子アナ取材お断り」の大谷翔平に唯一接近できる女子アナがいた

※ 米倉涼子は主演ドラマが好調だが私生活は治療不能状態

※ 「元AKB」の肩書きが通用せず月収10万の宮澤佐江が計画する「秘密の商売」

【解散間近…!? SMAP関連記事はコチラ】

smap