フィギュアNHK杯前に羽生結弦が「風評被害」に

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GP)最終戦であるNHK杯が、11月25日から札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕した。

男子シングルに出場する羽生結弦が、トータル得点でまた300点を超えるのか、来年の平昌冬季五輪(韓国)に向けてどう調整していくかに注目が集まっている。

だが、意外な分野からも“羽生”の名前を耳にするようになった。それは、将棋界で七冠を達成したこともある羽生善治九段(46)が関係している。

将棋界といえば、三浦弘行九段(42)が、対局中にスマートフォンを使って将棋ソフトから次の手を参考にするという“カンニング疑惑”が報じられた。これに対し、当の三浦九段は否定したが、羽生九段が一部マスコミにコメントを求められ、「灰色」であると回答している。

「その後、羽生氏は夫人のツイッターを介して、改めて『白の証明も黒の証明も難しい』とコメントを出し直しました」(在京テレビ局記者)

しかし、その夫人のツイッターがまずかった。羽生夫人は元女優の畠田理恵(46)。なぜか、彼女のツイッターの表紙ページは、当時、羽生結弦だった。“羽生=はぶ”と“羽生=はにゅう”をひっかけたユーモアなのか、それとも羽生結弦のファンなのかは不明だ。それを受けて、スマホ不正疑惑のニュースをウェブで検索した一般ユーザーが、羽生結弦のホームページやフィギュアスケート関係のニュース掲示板に飛んでいるという。

「さすがにユヅ(羽生結弦の愛称)が将棋の関係者だと誤解したファンはいないでしょうが、ユヅの検索をして羽生名人のコメントにアクセスしたファンもたくさん出たそうです(笑)」(同・記者)

読み仮名は違うが、字面一致していたために起きた出来事というわけだ。

史上初のGPファイナル4連覇が懸かる羽生結弦には、NHK杯で3位以内に入れば、自力でのGPファイナルへ進出が決定する。4~5位でも、他選手の成績次第で進出の可能性がある。先のカナダ大会は2位で、やや不調なのではないかとファンは心配しているという。しかし、羽生はあまり本心をメディアの前で語ろうとはしない。

「羽生はクレバーな選手なので、記者団が何を聞きたいのかをすぐに察し、一言、二言で済ませてしまう。私生活はよくしゃべると聞いていますが、メディア関係者とは常に一線を画しています」(体協詰め記者)

シーズン後に今回の“事件”についての感想を聞きたいものだが…。

 

【あわせて読みたい】

※ 大阪のおばちゃんが嫌いな女性芸能人は…

コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?

※ 「女子アナ取材お断り」の大谷翔平に唯一接近できる女子アナがいた

※ 米倉涼子は主演ドラマが好調だが私生活は治療不能状態

※ 「元AKB」の肩書きが通用せず月収10万の宮澤佐江が計画する「秘密の商売」