流行は繰り返す?アラサー懐かしのヘアスタイルが形を変えて再流行

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

近年、1980年代に流行した膝丈のデニムスカートやMA-1、コーデュロイなどが2016年の現在、形を少し変えて流行している。

「どこかで見たことがある」「昔持っていたことがあるような気がする」というアラサーやアラフォーは多いだろう。

ではヘアスタイルはどうだろうか。

 

◼︎1980年代爆発的に流行したヘアスタイルをリバイバル

 

img_0322

(C)aoi

img_0320

(C)aoi

 

2016年の現在、1980年に流行した髪型をリバイバルするヘアスタイルが話題になっている。もちろん、当時の髪型をそのまま再現すると時代おくれになってしまう為、現代風にアレンジされているそうだ。

『すだれ前髪』は『シースルーバンク』へ変わり、顔まわりの髪を立ち上げたりせずに前髪にカールをつけている。

『ワンレン』は『ワンレンボブ』に。ボブと組み合わせることで重めの印象を脱し、大人っぽく洗練された印象になる。

『ソバージュ』と『かきあげ前髪』は『大きめのウェーブ』と『かきあげバンク』へと変化。大きくななめに分けた前髪をかきあげるのが流行している。

◼︎メンズも1980年代ヘアスタイルをリバイバル

 

img_0321

(C)aoi

img_0319

(C)aoi

 

メンズも、1980年代に流行した髪型を現代風にアレンジしたリバイバルヘアが好評だ。

『マッシュルームカット』は『マッシュボブヘアスタイル』へ変化。ツーブロックとパーマをかけることで垢抜けた印象になる。

『テクノカット』は『リバイバルテクノカット』と名称はほとんど変わらない。髪型自体も大きく変わらないが、もみあげ部分を鋭角に切り過ぎないのが現代版だそうだ。

『アイビーカット』は『ネオ七三分け』などと呼ばれ今年大流行した。従来の七三分けに、リーゼントスタイルやツーブロックを組み合わせるのが今年風だ。

 

◼︎ヘアスタイルも流行は繰り返す

いつの時代も流行は繰り返すもののようだ。しかし、必ずしもそっくり同じものが流行するというわけではない。その時代のアレンジを加えながら変化していくものなのだ。

 

【画像】

(C)SFerdon / Shutterstock

(C)aoi

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し