大谷翔平を巡ってスポーツ番組で露骨に争う加藤綾子と宮澤智アナ

ohtani

フリーアナウンサーの加藤綾子(31)、とフジテレビの宮澤智アナ(26)が、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)を巡り、共演しているスポーツ情報番組『スポーツLIFE HERO’S』で激突したそうだ。これほど露骨な対決は珍しいと評判になっている。

同番組は土曜日と日曜日に放送されており、加藤は日曜のみ司会を担当している。一方で、宮澤アナは土曜の司会、日曜はアシスタントとして出演中だ。

「この番組は、加藤がフジテレビを辞める際に、慰労と関係維持のために始まったとされています。しかし、日曜日はあまりに加藤の好みの若い野球選手ばかりが登場していて、“私的番組”と酷評されています。日曜日の視聴率も2%前後と低迷しています」(テレビ雑誌編集者)

一方で、宮澤アナも芳しくない評判は多い。

「競泳の北島康介の引退会見で、『自分のどこを誉めたいですか?』と聞いて北島を絶句させたことがあります。天然ボケの目立ちたがりであるため“ボケモン”と陰口を叩かれることもあるそうです」(同・編集者)

そして、11月20日放送の同番組では、番組終了間際に宮澤アナが「新企画! 大谷選手の“二刀流”に変わるニックネーム大募集~!」と告知した。

「この、ニックネーム募集の企画は、宮澤アナが企画会議で出したものです。加藤は反対したのですが、宮澤のこの案は採用されました」(制作関係者)

この告知が行われたときの加藤の表情が印象的だったという。

「画面の端っこに加藤が映し出されたのですが、あの温和な彼女が笑いもせず、目に怒りを溜め込んでいました」(同・関係者)

加藤は最近、彼氏はおらず募集中であることを公言している。そして、7月に取材した大谷に熱を上げている

「加藤は大谷を一度だけ取材していますが、宮澤アナはフジテレビで大谷を最初に取材した女子アナです。さらに、宮澤アナはこれまで数回取材しており、加藤としては絶対許せない存在なのです」(同・関係者)

だが加藤は、大谷を取材する際に恋愛の質問をして、以後球団に女子アナの取材を禁止させることになった張本人だ。

「加藤と宮澤アナはもともと仲が悪いのです。しかし、宮澤アナはスポーツ担当のアナウンサーなので番組からは外せません。加藤は共演を嫌がったのですが、局もそこまではできませんでした」(スポーツ紙記者)

いつになったら決着が付くだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 大阪のおばちゃんが嫌いな女性芸能人は…

コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?

※ 「女子アナ取材お断り」の大谷翔平に唯一接近できる女子アナがいた

※ 新垣結衣の「恋ダンス」で再評価されたの長澤まさみの「Perfumeダンス」

※ 「元AKB」の肩書きが通用せず月収10万の宮澤佐江が計画する「秘密の商売」