成宮寛貴にコカイン吸入疑惑が発覚し「ダークナイト」化を懸念する周囲

narumiya_hiroki

俳優の成宮寛貴(34)にコカイン吸引の疑惑が浮かび上がった。これを報じたのは12月2日発売の写真誌『フライデー』(12月16日号)だ。

同誌は《11月9日の午前3時半、場所は都内にある成宮の自宅マンションだという。この日、成宮は深夜になって友人二人を自宅マンションに誘い、酒盛りを始めた。その場で、コカイン吸引に耽ったというのだ》としている。

「友人A氏という人物が現場にいたとして証言しているので、2名のうちの1名ということになる。証言では“ヒロキ”と呼んでいるので相当親しい間柄なのでしょう。写真には“白い粉”が写っているので、粉は何かということになります」(女性誌記者)

内容については省略するが、A氏は吸引物をコカインだと明言している。

「フライデー編集部は成宮を直接取材した際のことを“しどろもどろ”と表現しています。発行所は大手出版社の講談社。ほぼ断定調なので決定的な証拠を握っている可能性もあります」(同・記者)

成宮の所属芸能事務所は、報道に対して即座に反応し、「民事・刑事を問わず法的措置を取る」と文書を発表している。

「“刑事”という言葉に、多くの各コメンテーターも驚いています。仮に告訴状が受理されれば、今度は編集部が捜査の対象になります。全く関係のない人間に犯罪の疑惑をかけたのですから、名誉棄損罪に当たる。成宮の芸能生命も懸かっているので、彼の対抗措置もうなずけます」(同・記者)

成宮は苦労人だ。母子家庭で育ち、中学で母親が他界。中学校卒業で自立し、弟を大学進学・卒業させたのは知られた話。

「キャスターの小倉智明は『苦労した人がそんなことをするとは思えない』と擁護していました。でも、それは個人の感想です。事実はシロからクロかどちらかしかない」(芸能ライター)

成宮は昨年までドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に出演し、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊=64)の相棒である甲斐亨の役を務めていた。そのシリーズの最終話では、凶悪犯罪者『ダークナイト』が甲斐であることが暴かれ逮捕されるという、ショッキングな結末で視聴者を仰天させた。

「事実無根であるならば、成宮もすぐさま法的手段に出るべきでしょう。時間がたてばイメージが悪化するばかりです」(テレビ関係者)

一刻も早い事実解明が待たれる。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子に10億円でプロポーズをした超大物芸人

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

深田恭子と亀梨和也が来春に結婚を強行へ

※ 新垣結衣の「恋ダンス」で再評価されたの長澤まさみの「Perfumeダンス」

※ コンサートを緊急中止して療養中のすみれの病状は?