火星にレーザーガンを持った戦闘歩兵がいた!

%ef%bc%91

Paranormal Crucible

エイリアンやUFOの目撃情報を検証するYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』に、衝撃の映像が投稿された。

これはNASAが2012年8月から火星で運用を始めた無人探査機「キュリオシティ」(好奇心という意味の愛称)が撮影し、地球に送られてきた火星表面のオリジナル画像だ。

%ef%bc%92

Paranormal Crucible

一見すると何の変哲もない、岩と砂だけの荒野なのだが、右上の赤丸の所をよく見て貰いたい。

%ef%bc%93

Paranormal Crucible

ほらこれ!坊主頭の人影が手に何かを持ち“こちらの様子をうかがっている“ように見えないだろうか?もう少しズームすると……

%ef%bc%94

Paranormal Crucible

画像は大きくなったが、これでは不鮮明でよくわからないな……ちょっとPCで鮮明化処理をしてみよう。

戦闘歩兵!

なんだこれは!とても信じられない……。

坊主頭で鼻がなく、目と口の大きい火星人とおぼしき戦闘歩兵が、銀色に鈍く光る“レーザーガンのような物“を腕に抱えているぞ!

火星人といえば、頭だけが異様に大きく、タコのようにたくさんの足があると“相場が決まっている“のだが、彼はまるで人間のように、2本の腕と2本の足を持ち、片膝立ちの姿勢で「キュリオシティ」を見守る様子は、なんとなく知性的でもある。

胸の辺りが膨らんでいるのは呼吸用のエアパックだろうか?これはむろん想像だが“先進的な宇宙服“を着ているのかもしれない。

未知との遭遇が実現する?

「SFの父」と呼ばれたイギリスの歴史的大作家「H・G・ウェルズ」が、1898年に発表した「宇宙戦争」以来、宇宙人の存在は人々の想像力をつよく刺激し、その後も数々の傑作SF作品が世に送り出されたが、まさかこの目で火星人の実物を見られるとは、夢にも思わなかった。

もちろん、まだ推定の域を出ないし、肝心のNASAからは何の発表もないが、もしも今後、火星人の存在が本当に明らかになった時“人類はどう対応する“のだろうか?

外交を求め、火星に使者を送るのか?それとも火星から出向いてくるのか?あるいは小説や映画のように“人類の存亡を賭けた大戦争“となるのか?

これはSF好きな筆者にとって、脳天をかち割られたような一大ニュースであり、続報を、わくわくしながら待ちたいと思う。

 

【参考・画像】

Ancient Martian Soldier Found On Mars?  – Paranormal Crucible

【あわせて読みたい】

※ イギリスでウシを拉致するUFO写真が撮影された!

 

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

※ ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観