古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

画像は殺人ダコのイメージ画像(右)とロシアの探検隊

画像は殺人ダコのイメージ画像(右)とロシアの探検隊

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。

ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極の地下湖を探索した際、『オルガズム(生物)46-B』と呼ばれる恐ろしい生物を発見したと主張している。

パダルカ博士は、こう語っている。

「南極にあるロシアのボストーク基地近くのボストーク湖で、新種のタコである巨大毒ダコを発見したのですが、ロシア政府によってその発見が隠蔽されました。なぜなら、ロシア政府がプーチン大統領の命令で、そのタコを兵器化し、繁殖させているからだというのです」

ボストーク湖とは、南極の分厚い氷の下、約3600mにある湖だ。1960年代に上空からのレーダー探索で発見され、その後はドリルで採掘が続けられ、1998年に湖の手前に到達した。その際にサンプル回収がなされ、この湖が約100万年前に氷に閉ざされたと判明した。そして、湖が現代の空気で汚染されないよう、しばらく穴は閉ざされていたが、採掘が再開され、2012年にはドリルが約3800mの湖面に到達している。

ボストーク湖は100万年も氷の地下深くに閉ざされていたため、独自の生態系が築かれているか、もしくは太古の生物がそのままの姿で生存し続けているか、謎が多い。

パダルカ博士は「ボストーク湖に閉じ込められていたタコは 、催眠と麻痺の効果がある何らかの毒を持っている。2名の同僚の科学者がこのタコに殺されました」と明かす。

たとえばフグが持つ神経毒である『テトロドトキシン』を体内に摂取してしまうと麻痺し、全身が麻痺することによって呼吸困難になり、呼吸停止に至り死亡することもある。

さらに、殺人ダコの催眠術は恐ろしく巧妙なようだ。さらにタコ特有のカムフラージュ能力もある。

「我々が知っている通常のタコは、背景に同化する程度のカモフラージュ能力しかありません。ところが、オルガズム46-Bの偽装は悪魔的で、スキューバダイビングしている人間に変身して穴から浮上し、我々に近づいたのです。同僚が潜っているのかと勘違いして見つめていたら、タコの触手が伸びて来て、同僚が水に引き込まれたときに我に返りました」(パダルカ博士)

みんなでタコの足を斧で切り落とすなど抵抗して、戦うこと5日。何とか貯水タンクに閉じ込めることに成功し、ロシアへ持ち帰った。だが、ロシア軍が回収したあとは、音沙汰がなくなったという。

パダルカ博士は、「プーチン大統領が軍事用生体兵器として使用する計画を立てたことが分かったので、人類に対する警告のためにこうしてしゃべっているのです。タコは1度に20万個の卵を生みます。もし繁殖に成功していたら、恐ろしいことになります」と指摘した。