「SMAP」中居正広が独立後の芸能事務所選びに悩んで酒浸り

nakai_masahiro

©まいじつ

まもなく解散する『SMAP』の中居正広(44)が酒浸りの日々を送っているという。最近では、日本酒を1週間に2升以上も飲んでいるらしいのだ。

「1升は1.8lですから、1週間で2升の消費ペースだと、1日平均で510ml以上です。個人差はありますが、日本酒は1日1合(180ml)が適量で、酩酊初期の量が3合だと言われていますので、中居はほぼそれに近しい量を飲んでいることになります。多く飲む日は4合以上ということもあるようで、これだと強い酩酊になります。だいたい800ml以上飲む人が、依存症になるそうです」(外食業界専門誌ライター)

仕事が忙しい中居が、1週間で2升以上というのは少々心配だ。

「考え事が多いためか、酒量が増えてしまったようです。ジャニーズ事務所を独立したあと、どこの事務所と提携するかが、いまの中居の一番の悩みの種でしょう。ジャニーズ事務所と義理で提携してもいいが、仕事の量はわずかにしたいはずです。個人事務所が前提なので、どこの事務所の傘下になり、業務をどこと提携するか、相当迷っているのです」(芸能事務所関係者)

『週刊新潮』(12月15日号)ではSMAPの元マネジャーのI氏も事務所設立に参画しているとされ、I氏のルートで事務所を構えるとも見られる。

「I氏は大手芸能事務所のTと繋がりがあります。ただTは以前、SMAPの4名を受け入れることに難色を示した経緯があり、中居もそれが引っ掛かっているみたいです。吉本興業も触手を伸ばしていますが、吉本には木村拓哉と親しい明石家さんまがいるから嫌でしょう」(同・関係者)

I氏が関係しているのであれば、彼女ことを母のように慕っている香取慎吾(39)も行動を共にするはずだ。

「中居としては、後を追ってジャニーズ事務所を辞めそうな山下智久(31)らの受け皿にもなりたい。そうすると、提携する芸能事務所は幅広く考えなければならない。それも悩みを大きくしているのでしょう」(女性誌記者)

酒量は増えるばかりのようだ。

 

【あわせて読みたい】

解散間近……!SMAP特集

※ いてもたってもいられない成宮寛貴ファンたちが「ロケ地巡礼」へ

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

※ 土壇場でSMAP紅白歌合戦出場のために動いたタモリ

※ 松本人志にネットから批判の意見殺到するようになった理由

※ M-1やスマステで心配された上戸彩の激ヤセの原因