「AKB48」小嶋陽菜は卒業後に芸能界引退から結婚もありえる

kojima_haruna_02

(C)まいじつ

『AKB48』の小嶋陽菜(28)が、2月に同グループから卒業する。

卒業に際して『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』というコンサートを行うそうだが、これが卒業と同時の芸能界引退コンサートになるのではないかという見方が出ている。

「小嶋はAKBで最年長であり、前から卒業の日取りは話題になっていました。ただ、本人は卒業するとは言うものの、なかなかいつなのかを明言しなかったため、30歳までいるのではないかという話も出ていました」(AKBライター)

しかし、2月に卒業することは確実な状況のようだ。

「現在のAKB48の主力のほとんどは20歳前後で、もう小嶋は居づらい状況になりつつあります。『こじま、ウザ』、『いつまでいるんだ』と陰口する人間もいます」(同・ライター)

そうしたなかで、小嶋は12月12日発売の雑誌『美人百花』1月号のカバーガールを務めた。そして、同誌のインタビューで「卒業後は普通の人間に戻ります。だから大人の女として生きていきたい」と発言し、これが波紋を呼んでいる。

「ファンは“戻りたい”ではなく“戻ります”という言葉に反応しています。そのため、卒業と同時に芸能界を引退すると受け取ったようです。これまでにAKBから卒業していった前田敦子、大島優子、篠田麻里子らは、その後それほど活躍できていません。小嶋はAKBに長く在籍していたし、身の引き時だと考えていてもおかしくないでしょう」(芸能事務所関係者)

一部の雑誌がリサーチしたところによれば、小嶋は指原の年収4500万円に次ぐ4000万円だという。交通費さえ出ないというメンバーがいるなかにあって、待遇は破格だ。

「演技はできない。しゃべりもうまくない小嶋が、AKBを卒業して一人のタレントとしてやっていけるとも思えません。それは本人が一番自覚しているのではないでしょうか」(同・関係者)

現在、彼女は不定期の出演番組を除けばテレビのレギュラー出演番組は『神の間』(フジテレビ系)のだけだ。芸能界から引退するにあたっての障害はあまりない。

「6月に『選抜総選挙に出ない』という発言をして、卒業をほのめかしたとき、芸能メディアのあいだでは『結婚相手がいる』という話が広まりました。相手はアパレル系の会社のオーナー社長という噂です。小嶋は将来、ファッションデザインをやりたいというようなことも言っていました」(女性誌記者)

卒業から引退、そして結婚まで一気にあるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

解散間近……!SMAP特集

※ いてもたってもいられない成宮寛貴ファンたちが「ロケ地巡礼」へ

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

※ 土壇場でSMAP紅白歌合戦出場のために動いたタモリ

※ 松本人志にネットから批判の意見殺到するようになった理由

※ M-1やスマステで心配された上戸彩の激ヤセの原因