「スマスマ」最終回生出演の可能性を信じ休暇届を申請するファンたち

Print

(C)まいじつ

12月26日に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回が、午後6時半から11時18分まで、5時間の特別番組で放送される。これをどうしても録画せずにオンタイムで見たいというOLやパートが、職場に有給届けや半休を申請し、さまざまな企業で上司が頭を悩ませているという。

「それぞれ理由は法事や、検査入院など、わざとらしいものが多いです。日ごろからSMAPファンを公言しているパートさんが、26日に休みを取りたいと言い出せば、スマスマの最終回を見たいのだなと考えるしかないでしょう」(大手保険会社幹部)

5名のメンバーが揃う最後の機会であるため、録画視聴では感動が伝わってこないということだろうか。しかし、12月26日はどんな業界であれ、多忙なのは間違いない。

「スーパーや、深夜営業のディスカウントショップでも、その日の夜は休みたがるパートやバイトが多くいると聞きます。SMAPの影響だったとは驚きです」(流通業界関係者)

「年代でいうと40代の方々が中心ですが、この日に同年代のファン同士で集まって、ホームパーティーをしながらスマスマを楽しむという人たちもいるようです。会社としては年末の忙しい時期に有給休暇や欠勤が増えて大変なのですが、ベテランのパートさんや、アルバイトリーダーの人がいたりしますから、下手に注意や意見をすると、次の日からの仕事に影響しそうなのがつらいところです」(商社幹部)

最終回では、20年9カ月にわたる過去の放送から、秘蔵の映像が多く放送されるに違いない。メンバーだけで行った旅行や、初期のコント、1996年5月にオートレース選手に転身するためにSMAPを脱退して芸能界からも引退した森且行が出てくる映像も、ジャニーズ事務所は放送の許可したという。

「フジテレビがメンバー5名で生放送の出演交渉をぎりぎりまで行っています。ジャニーズ事務所も、いままでの感謝を込めて挨拶する機会を作るように、メンバーに説得を続けています。ただし、報道されているように、最終回の前週に放送された、タモリと共演したビストロの収録日(12月8日)が、5名が集結した最後の日となってしまう可能性が高いです」(芸能関係者)

ファンがこの年末の多忙のなかで、あえて有給や半休を申請しているのは、その“奇跡の瞬間”を見たいためだ。果たしてその願いは届くだろうか。

 

【あわせて読みたい】

解散間近……!SMAP特集

※ いてもたってもいられない成宮寛貴ファンたちが「ロケ地巡礼」へ

※ なぜ?あの人に白髪がない本当の理由─Sponsored

※ 土壇場でSMAP紅白歌合戦出場のために動いたタモリ

※ 松本人志にネットから批判の意見殺到するようになった理由

※ M-1やスマステで心配された上戸彩の激ヤセの原因