男性人気に加えて女性人気も獲得し始めた石原さとみ

ishihara_satomi_03

(C)まいじつ

12月20日に美容雑誌『美的』が主催する『2016美的ベストコスメ大賞』の授賞式が、東京都内のホテルで行われた。同賞の読者が選ぶなりたい顔1位である、『美的ベストビューティーウーマン』には石原さとみ(30)が選ばれ、昨年に続き連覇を果たした。

「近年の“なりたい顔”系統のランキングというと、北川景子、綾瀬はるか、そして石原が上位3名というのがおおよその顔ぶれ。そのなかから北川は結婚、綾瀬は最近は少し芸能活動が縮小気味になっています。しばらく石原の時代が続くかもしれません」(アイドル評論家)

石原はもともと、男性誌では人気を誇っていた。そこへ、女性向けの美容雑誌で2年連続1位というのは価値が高い。

「石原は妖艶さも魅力の一つで、それを嫌ったりひがんだりする女性も多くいました。しかし、アンケートの結果で女性にも支持されているということが証明されました。彼女の色っぽさが男女問わずに認められるようになっています」(同・評論家)

石原は今月終了した連続ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)で主演。平均視聴率も12.4%を記録し、昨今のドラマの基準では人気作と呼べる数字だったと言える。

「マスコミものドラマ、特に出版社系の話は間違いが多く、視聴者の受けが悪いというのが定説でした。実際に、石原のドラマも出版社の校閲という設定でしたが、本職からは『違う』という声が続出していました。それでも高い視聴率を出したのですから、彼女の人気は大したものです」(テレビ雑誌編集者)

週刊誌の『週刊新潮』などは、彼女の校閲者としての能力を現実的に分析し、不合格だと記事を掲載したほどだった。ドラマの内容はいまいちでも、石原が出演することで話題になるという証明でもある。

「石原はクリスマスイブが誕生日で、先日30歳になったのですが、多くのメディアが“24日に結婚発表か!?”と報道していました。年齢の区切りもいいのでということだったのですが、結局は空振りでした」(同・編集者)

現在、石原はジャニーズ事務所の山下智久(31)と交際している。写真週刊誌は、山下が彼女のマンションに泊っているところを報じている。

「山下は石原に夢中で、ジャニーズ事務所を辞めて彼女の事務所に移るという話まで出ています」(同・編集者)

誕生日に発表はなかったが、結婚は間近かもしれない。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し