冷え性対策に効果的な「体の4カ所」を暖める方法

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

手足が冷たくて夜あまり眠れない、手がかじかんでパソコンのキーボードが打てない…。

このように、冬には冷え性で悩む人は多い。冷え性でなくても、冬になると寒さが身に染みるもの。とくにこの年末年始は、夜遅くまで外出している機会が多い。そこで、効果的な防寒対策をあらためてチェックしておこう。

さて、あなたは靴下を2~3枚と重ねて履いたり、肌着をユニクロのヒートテックなど温感素材製のものにして、さらに腹巻きをして…などと、重ね着をして寒さをしのいではいないだろうか。

重ね着も、防寒対策にはなる。だが、一番効果的な防寒対策は、“4カ所のクビ”を暖めることだ。

4つのクビとは、顔の下にある首はもちろんのこと、手首、足首、ウエストの“クビれ”の合計4カ所だ。

なかでも特に首は、寒い外気にさらされやすく皮膚が薄いため、冷やされることで血管も冷えやすい。さらに、首には動脈という太い血管が通っているので、首が冷やされて冷たい血流が体中にめぐれば、どんなに重ね着をしていても、体の芯から温まることはできないだろう。外出時はマフラーやネックウオーマーを着用し、室内でもスカーフなどを首に巻くだけで体で感じる暖かさが全然違う。忘れないようにしたい。

手首と足首も同様だ。最近では手首や足首専用のカイロが販売されているほどだ。皮膚が薄いので、意識して暖めるようにしたい。また女性の場合は、ウエストも大切だ。子宮まわりが冷えると、体の不調を引き起こす原因にもなりやすい。

寒さ対策でカイロを貼るときは、首のすぐ下、背中の上部にある『風門』という、肩甲骨のあいだの部分に貼るとよい。この場所も血管が集中しているため、ここを温めると体全体の血行を良くすることができる。

ぜひお試しあれ。

 

【画像】

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し