いまさら聞けない美容法「エイジレス・リンパ」を2分で解説

(C)Shutterstock

年齢とともに顔にはくっきりと刻まれる、ほうれい線やしわ。そして崩れてくる体型。それに歯止めをかけるのが、有名な女優なども通うサロン『ELYSIAN.』のオーナーである片山マイコさんが提案する『エイジレス・リンパ』だ(主婦の友社より同名の本が発売中)。

決して10年前、20年前の体型に戻すということではなく、自分の顔や体を彫刻刀でけずるように、自分の理想の形にボディ・メイキングしていくための方法が紹介されている。若々しい表情を取り戻し、老けにくい体を作っていくのだ。

リンパマッサージというと、やさしく手で流すというイメージがあると思うが、このエイジレス・リンパは、もっと力強く行う。その方法は大きく分けて5つあり、“ベクトル”、“バイヤス”、“肉割り”、“かんな削り”、“タッピング”と呼ばれている。

ベクトルは、指先を使って、左右や上下に、対象に伸ばし、縮んだ部分は均等に伸ばしていく。

バイヤスも縮みを解消させる方法だが、斜め方向に伸ばしていく。これらは、主に顔に使うやり方だ。

ボディラインには、“肉割り”と“かんな削り”が効果的だ。肉割りは、指先でこりかたまった老廃物を、まさに肉を割るようにもみほぐす。かんな削りは、手でグーの形を作り、脂肪を斜め下にこすり下ろすようにする。

フェイス、ボディ、どちらにも使う“タッピング”は、ピアノを弾くように、指をリズミカルに動かすことで、筋肉の緊張をほぐし、老廃物を流していくのだ。

このエイジレス・リンパのいいところは、1日数分で効果がでるところにある。もちろん、毎日続けることが大切だが、ランニングやジムワークとは違って、特別な用具や場所を使わないので、誰でも手軽にできるのも魅力だ。

入浴タイムや1日数回のトイレタイムにちょこっとやるだけでもOK。毎日の生活の習慣にしてしまうことが長続きのコツだ。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し