余ったおせちで作れる!いま人気の「バインミー」

banh_mi

都内にも専門店が何軒もでき、行列ができるほど人気なのが『バインミー』。フランスパンに切り込みを入れ、肉やソーセージ、野菜にハーブなど、好きな具材をはさんで食べるベトナム生まれのバゲットサンドだ。

各店によって、いろんなバリエーションがあるが、このバインミーになくてはならないのが、大根とにんじんの甘酢漬け。これは、おせち料理の『なます』と、ほとんどレシピが同じなのだ。さっぱりとしたなますは、おせちの定番料理だが、つい大量に作ってしまったり、最後の方まで残ってしまいがちな料理でもある。

そこで、そろそろおせちに飽きてきたころに、この『バインミー』を作ってみてはどうだろう。

作り方は簡単。フランスパンに切り込みを入れ、両面にお好みでレバーペーストを塗る。レバーペーストも、また、洋風おせちや、オードブルにもよく登場する料理だ。

そこへ、ローストビーフや鶏ハム、エビなど、おせちのメインとなる具材を並べ、なますと、トマトなどの野菜をはさむ。

パクチーをはさめば、よりエスニックな味になるが、パクチーがない場合は、同じ香菜のミツバでも大丈夫だ。彩り良くはさめば完成だ。

ベトナム独特の調味料であるニョクマム(なければナンプラーでも可)をかけ、お好みでスイートチリソースやシーラチャーソースなど、辛味調味料でアクセントを加えれば、一層本場の味になる。これらの調味料がなくとも、醤油と豆板醤など、冷蔵庫にある調味料でいろいろ試してみるのもおすすめだ。

日本の伝統文化であるおせちは、バインミーの具の宝庫でもあったというわけだ。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し