2017年最強のパワースポットと名高い「雲取山」

sandpiper / PIXTA(ピクスタ)

sandpiper / PIXTA(ピクスタ)

2017年の最強のパワースポットに、雲取山(東京都)を推す声が挙がっている。標高は西暦と同じ2017mで、名前も「くもとりやま」と、干支の「とり」が入っているからだ。すでに雲取山で新年を迎えようとする登山家などで、山小屋は予約でいっぱいだという。

同山は東京都の最高峰で『日本百名山』にも選定されている。山頂付近は埼玉山梨両県とも接しているため、登山ルートも複数のコースがある。いずれも途中までバスや自動車でも行けるコースは人気が高い。

埼玉県側の人気のルートは三峰ルート、東京都側からは鴨沢、三条の湯ルートがポピュラーだ。どれもバス停(駐車場)から頂上までは5時間以上かかるので、無理な日帰りは避けて、山小屋での一泊をするのがおすすめだ。

三峰ルートには、こちらもパワースポットとして人気の『三峰神社』がある。元旦は午後7時まで三峯神社のパワーを得られると評判の高い、白いお守りの販売が行われる。毎年人気のため、事前に整理券を入手しておいた方がよいだろう。また、山小屋『雲取山荘』でも、元旦の午前7時から餅つき大会が行われる。

雲取山の冬の平均気温はマイナス5℃にまで下がることから、冬山の登山装備は必須だ。積雪や凍結も多く、未経験者の単独登山は非常に危険なので、最初は経験者とともに登るか、もしくは春になってからの方が安全だ。

雲取山の山頂からは富士山はもちろん、南アルプス、大菩薩、浅間山など数々の名山を展望できる。逆におよそ70km離れた東京都心からも、雲取山を眺められる。東京都庁などの高層展望室から見ると、左から丹沢、富士山、奥多摩の山々が連なり、雲取山は富士山の右手に位置する。富士山と雲取山の間には山頂が三角形の大岳山(1266m)があるので、まず大岳山を見つけてみよう。雲取山はその大岳山のさらに右側、連山になっているが、周辺では一番高いので分かりやすいだろう。

近年の山ガールブームで、雲取山のように、その都道府県の最高峰を目指す登山も人気となっている。

「これまで愛媛県の石鎚山(1982m)、徳島県の剣山(1955m)などに登頂しました。目標は岩手県の岩手山です。標高が2038mなので、体力が持つかどうか…」(50代ハイカー)

西暦と標高が偶然一致した雲取山。暖かくなってからでも、今年はこれまでの人生を振り返り、一歩一歩踏みしめて登ってみてはいかがだろうか。

(ライター・野川果音)

 

【画像】

sandpiper / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し