セクシー女優ANRIの「新しい仕事に後悔なし!」は嘘か本音か

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

12月30日の深夜に放送されたバラエティー特番『オトナの事情ジャーナル』(フジテレビ系)に、元グラビアアイドルでセクシー女優のANRI(坂口杏里=25)が出演した。インタビュー形式の番組で、取材する側が狩野英孝との交際問題で話題になったタレントの加藤紗里(26)という、2016年にお騒がせな話題を提供した両者が顔を合わせていた。

「二人は全く同じ学年で、面識はなかったそうです。加藤はいきなり『緊張しています』と言い、ANRIに『どうして?』って聞かれる出だしや、その後の内容からも、台本ありきの番組だというのが丸わかりでした」(男性誌編集者)

そのなかで加藤は、どうしてセクシー系ビデオに出演したのかと問いただした。

「加藤の質問にANRIは、『15歳でタレントデビューして、10年で一区切りと考えていた。だから、新しいお仕事をしたいなと思って選びました』と語っていました。いくら区切りだからといっても、仕事のあったタレントを辞めて、セクシービデオの仕事をやりたいというのは、感性が変わっているとしか言いようがないかと」(同・編集者)

ANRIは昨年10月1日に、『芸能人ANRI What a day!!』でセクシービデオデビューをしている。そののちに、11月2日には初のヘアヌード写真集『What a day!!』を発売している。

「ANRIの母親は人気女優だった坂口良子(享年57)です。加藤が『後悔はない?』と聞くと、ANRIは『ありません』とはっきり言い切っていました。でも、彼女がセクシービデオに出るにあたって、ホストクラブで散在しているとか、2000万円以上の借金があり首が回らないとかの、周辺の状況が暴露されていました。自ら進んでセクシービデオに出たのではないと思います」(女性誌記者)

ANRIは、母親の残した財産をホストクラブで散在し尽くし、そのあとにホスト絡みでスカウトが登場して、セクシー業界に売られたというのが定説になっている。

「ANRIのビデオはあまり売れず、出演料1000万円の予定が、500万円に減っていたそうです。写真集などは200万円ほどの収入だったそうです。ANRIは事態の重大さに『出たことを後悔している』と語ったとも聞いています。2000万円の借金が本当だったら、今後もさらに内容がハードなセクシービデオに出演せざるを得ないはずです。彼女は一時、特殊浴場で働いていたとも噂されています」(同・記者)

加藤は、ANRIに「今後、彼氏ができて仕事やめてくれといわれたどうしますか?」とも質問した。すると、ANRIは次のように答えたという。

「『今後も続けます』、『それが理解できない彼氏なら要らない』と言っていました」(同・記者)

母親が生きていたら、こうはなっていなかっただろう。

 

【画像】

(C)LTim / Shutterstock

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

米倉涼子が730日かけて勝ち取った正式な協議離婚の中身