度重なる体調不良が心配される西川史子

n%e8%a5%bf%e5%b7%9d%e5%8f%b2%e5%ad%90

(C)まいじつ

昨年末に発売された女性誌上で、タレントの西川史子(45)が体調について報じていた。

夏ごろから急にやせて、テレビ局の廊下を歩くときにはときどきふらつくこともあったという。あいさつの声も弱々しく、周囲も以前とは違う雰囲気に声がかけづらくなっていたそうだ。

昨年12月1日には急性胃腸炎で入院し、レギュラー出演している『サンデー・ジャポン』(TBS系)の生放送を欠席。5月にも急性胃腸炎で2週間入院していたが、そのときもかなりやせて、一部では、がんなのではないか? という噂が流れたほどだった。

「2014年に離婚後に、西川は都内のマンションを購入しており、優雅な独身生活を送っていると思われていました。しかし、かなり情緒不安定になっていたようです。新居のマンションは5階で、エレベーターが『5階です』と音声でアナウンスするたびに、『彼のことを“誤解”してたのかな』と思って涙が出そうになると友人に話していたとか」(女性誌記者)

昨年2月にバラエティー番組で「物忘れがひどい」、「共演者にイライラする」と告白し、症状や年齢から、更年期障害ではないかと指摘されていた。

「40代半ばから50代半ばには、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、イライラや食欲減退、ほてり、発汗、やる気が出ないなど様々な症状が出るのが更年期障害だと言われています。昨年12月の急性胃腸炎も更年期障害から派生して起こった可能性もあります」(同・記者)

最近では、若い女性にも更年期障害があるらしい。

「20~30代女性もストレス、過労、不規則な生活、過度なダイエットが原因で自律神経のバランスが崩れ、女性ホルモンが減少し、更年期障害と同じ症状が出ることがあるようです」(同・記者)

健康な生活を送って心身に負担を掛けすぎないのが一番だ。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

米倉涼子が730日かけて勝ち取った正式な協議離婚の中身