中居正広が4月以降の番組の待遇を巡りジャニーズと折衝を開始

smap_nakai

(C)まいじつ

元『SMAP』の中居正広が、4月以降も続く自分の出演番組には、自分の意志を反映するという。中居は今年9月までジャニーズ事務所との契約が残っているとされている。

「3月末の番組改編期を乗り越える番組には、出演料の値上げを要求するでしょう。すでに決まった契約の上で、番組が制作されているため、値上げ交渉が通る可能性は低いですが、要求が叶うことも考えられます。たとえだめだったとしても、マネジャーの変更、事務所による送迎の中止などは十分にその範ちゅうです。ジャニーズ事務所にいるうちは、自分のやりやすいようにやらせてほしいという主張の一環というわけです」(スポーツ紙記者)

どの芸能事務所も、契約はあるものの、必要に応じて微妙に修正することはよくある話だ。

「かつて中森明菜は、事務所内のすべて仕切りは自分自身にさせてほしいといって、自分の報酬、スタッフの報酬、異動まですべてを取り仕切っていました。中居がそれに倣っても不思議はありません」(同・記者)

中居はジャニーズ事務所の関連会社『ジェイ・ドリーム』の社長になるのではないかと一部で報じられたが、風向きが変わってきたようだという。

「中居がジェイ・ドリームの社長に就任する可能性は、極めて低いでしょう。同社は映像管理の会社で、在庫と発注の管理が主な業務です。中居がそこの社長になって喜ぶはずがありません。ジェイ・ドリームを新しい組織に変えるのならば、あり得る話かもしれませんが」(同・記者)

中居は現在、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)のほか、テレビのレギュラー出演が5番組、ラジオのレギュラー出演が1番組あり、単発の出演などを含めれば、ほぼ毎日で何らかの番組に出演している。

「中居は、メリー副社長とその娘のジュリー副社長の独裁が嫌いで、ジュリー氏も中居が嫌いです。だからいまは、中居とジュリー氏が綱引きをしている状態なのです。中居は、ジャニーズ事務所から条件を引き出せれば、ジャニーズ事務所から出たあとも、業務提携してもいいと考えています。4月以降の仕事に対して、その駆け引きが始まったのです」(芸能事務所関係者)

中居には、SMAPの元マネジャーI氏と新しい芸能事務所を設立し、I氏が社長を務め、中居が副社長に就くという話も出ている。

「中居とともに稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾もその新しい事務所に移籍するようです。その前に、ジャニーズ事務所といい条件を取り付けておきたいはず。そして、中居は心の中で元『光GENJI』のメンバーとも組みたいと考えているようです」(同・関係者)

中居はジャニーズを超える野望を抱いている。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

えっ…正月太り!?そんなアナタに日本発の「ある飲み物」-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ HKT48宮脇咲良が家族旅行のSNS投稿で炎上した理由