女性の悩みであるバストの変形防止に効果があるのは?

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

小さい、大きい、左右の形が違う、乳首の形や色が…。

女性にとってバストの悩みは尽きないもの。年齢を重ねると、さらに下がってきた、垂れてきたといった悩みが加わってくる。真面目な話をすれば、40代の女性の死因の一番は乳がんだというデータもある。

女性として生まれたからには、一生付き合っていかねばならないのがこのバストの悩み。女らしさの象徴でもあるわけだが、このバストのケアを怠っている人も多いと思われる。

昼間にブラジャーを着けない人はそうそういないはずだが、夜になるとどうだろうか? 締め付けられるのがいや、楽なのが一番、と何も着けないで寝ている人が多いのではないだろうか。

「人が寝ている時間は、その人が生きている半分を占めるとまではいかなくても、かなりの時間になっています。この時間をノーブラで過ごしていると、ますます“垂れ乳”化が進んでしまいます」(美容ライター)

そこでおすすめなのが『夜専用ブラ』の着用だ。ここ数年の下着業界では、“ナイトブラ”のブームが起こり、下着専門店やネットの下着ショップでも、さまざまなナイトブラが売られている。このナイトブラは、昼間の下着と異なり、ワイヤーなどが使用されておらず、伸縮性に優れており、やさしくバストを守ってくれるのが特徴だ。

「着けてみると予想以上に締め付け感がなく、寝返りなどを打っても楽に身体を動かすことができます」(同・ライター)

バストには『クーパーじん帯』と呼ばれる特別な筋肉があり、それが切れることで垂れ乳の原因になるともいわれている。専門家も「ブラを着けないで走っただけでもこのクーパーじん帯がぶちぶち切れる」と指摘している。少しでもこのクーパーじん帯の切断を予防するためにも、ナイトブラは有効というわけだ。

新しいバストケアの習慣として、ナイトブラの取り入れを検討してみてはいかがだろうか。

 

【画像】

(C) liza54500 / Shutterstock

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

赤いチカラで春までに!? 痩せたいアナタにマイブレイク!レッドスムージー-Sponsored

SMAPの未来を不気味なほど予見していた「過去の名ドラマ」

※ 木村拓哉が新ドラマにどうしても「菜々緒を起用したかった」理由

※ HKT48宮脇咲良が家族旅行のSNS投稿で炎上した理由