ビジネスパーソンが昼食に利用し始めている「置き弁」って何?

Satura / PIXTA(ピクスタ)

Satura / PIXTA(ピクスタ)

ある食品メーカーが昨年1月に行った《ビジネスパーソンのランチに関する調査》(インターネットで400名が回答)によれば、《ランチタイムには食べるだけではなく自分の好きなことをしたい》との回答が76.8%にも達したことが分かった。昼休みに読書や英会話のリスニングをしている人は、いまも昔も少なくはない。なかには趣味のジョギングをしている人もいる。最近はSNSの返信や情報収集を昼休みにやりたいという若者が多いかもしれない。

近年では、ランチを一人で食べたいという若手のビジネスパーソンが増えている。社外で食べようとしても、昼時はどこの店も混んでいる。コンビニ弁当を買いに行っても、レジには長蛇の列。いずれにせよ、昼休みの貴重な時間を無駄にしてしまう。

“婚活”や“終活”、“朝活”などといった、自分のために時間を有効活用する言葉が流行している昨今だが、パーソナルな昼の時間をさまざまなことに活用することも、最近では“昼活”と呼ばれている。

昼活は、昼食の時間を短くすればするほど、できることが増える。しかし、食べる時間をできるだけ短くしたいからといって、詰め込むような食事をすることは敬遠されている。特に女性や若者には、ランチでも健康面に気を配りたいという意見が多い。

そこで注目されているのが、チルド(冷蔵)弁当を社内にストックし、社員が食べた分だけ料金を支払うという“置き弁”のサービスだ。昔はよく見掛けた“置き薬”の弁当版といえば、中高年の方はイメージしやすいかもしれない。

例えば、食品メーカーのフジッコでは、昨年2月から『ストック型ランチプロジェクト』を始めており、冷蔵で47日間保存できるグラタンやラザニアなどの洋風総菜、牛すき豆腐や豚バラみぞれ煮などの和食惣菜など7種類を提供している。

オフィスに置いておくということならば、カップラーメンや従来の冷凍食品もあるが、同社は味にこだわった。ラザニアの選考では、商品開発担当者は約50食を試食し、さらに海外にまで試食に出掛けた。商品化に至るまでに約2年の試行錯誤があったという。また、健康志向の要望に応じるため、全メニューを400kcal以下に抑えている。

外食産業の苦戦が伝えられる報道や統計結果の多いなか、昼食の市場規模は右肩上がりの成長が続いている。外食産業総合調査研究センターの調べでは、1985年に1兆円あまりの規模だった市場は、2012年には5.9兆円にまで拡大している。

社員食堂を持つことが難しい中小企業にこそ、置き弁は便利な仕組みになるだろう。似たビジネスモデルとしては、オフィスグリコが“置き菓子”で成功している。置き弁がこれからどこまで広がりを見せるか注目だ。

 

【画像】

Satura / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

SMAPの未来を不気味なほど予見していた「過去の名ドラマ」

突然引退の成宮寛貴が出るはずだったドラマ「就活家族」が妙な理由で絶好調!

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観