元フィギュア村主章枝が写真集を発売する本当の理由

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

元フィギュアスケート選手で冬季五輪にも出場した村主章枝さん(36)が、ヌードを披露して話題になった。

その写真が収められた写真集『月光』は2月に発売予定で、その中の写真が何点か先行して一部週刊誌のグラビアに掲載されている。

「選手として、世界選手権では1つの銀メダルと、2つの銅メダルを獲得しており、超一流の経歴を持っています。五輪で表彰台に上がれなかったことについては、本当に悔しい思いをしたそうです」(スポーツ紙記者)

ソルトレイクシティ五輪は5位、トリノ五輪が4位、全日本選手権では優勝したこともある。

「選手としては現役の期間が異例の長さで、2014年に引退しました。現在は“振付師”の肩書きで活動しています。あまり表立った活動が聞こえていないので、それほど仕事がないのかな、という話が出ていたことがありました」(同・記者)

そんな状況での今回の写真集出版だったため、彼女の現況に関して、多くのメディアが《生活苦》や《極貧》などと報道した。

「村主ほどの経歴の元選手に仕事がないはずはありません。彼女は去年、自身のブログにも書いていますが、振付師になってから仕事をしすぎて、体調を崩すこともあったといいます。また、地方で教え子が優勝したとか、ベトナムで教室を開いたことも伝えています。少なくとも生活苦ではないでしょう」(同・記者)

実際にツイッターでも生活苦ではないと明言している。

彼女は、今回の真相について、1月11日に放送された情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、ある告白を言及している。

「写真集を出版することになった理由について、2度の五輪でメダルが取れなかったことと、自分の表現力が伝えられなかったことが起因していると明かしました。やや難解なのですが、今回の件で、その表現力を後進に伝えたいと語ったのです」(テレビ関係者)

彼女のような元一流選手が、このような写真集を出版するのは異例である。

「『体の線の美しさ』について強調をしていました。村主さんのスタイルのよさは昔から評判でした。今後も仕事のプラスになるなら、積極的に企画に応じていく方向のようです」(同・関係者)

発売が楽しみだ。

 

【画像】

(C)Lunghammer / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 石川佳純が福原愛超え!中国ネットが一転して「石川かわいい」コール

赤いチカラで春までに!? 痩せたいアナタにマイブレイク!レッドスムージー-Sponsored

※ バレーボール木村沙織が明かした結婚後の夢

羽生結弦のことを「生きた芸術品」として紹介したのは?

※ 清原和博が事件後に異例の早さでテレビ出演した理由