芸能界引退を表明した江角マキコの今後は?

esumi_makiko

(C)まいじつ

女優の江角マキコが、1月23日に芸能界からの引退を発表した。

「24日発売の女性週刊誌『女性自身』で、不倫疑惑が報じられたことが引退の一因ではあります。しかしそれ以前に、テレビ番組などに出演するタレントたちからは、あの長嶋一茂邸宅の落書き騒動以来、『共演したくない』という声が相次いでいました。そのため、仕事のブッキングができない“開店休業”状態だったのです」(芸能記者)

2014年に『週刊文春』が、長嶋一茂邸に落書きがされた騒動を報じた。江角と長嶋の子供は、通う学校が同じで、親同士の交流もあった。だが、仲がこじれて険悪になり、江角がスプレーやペンキで“バカ息子”と落書きした疑惑が浮上したのだ。

「江角はこのとき、落書きはマネジャーが勝手にやったので…とお茶を濁しました。ですが、バラエティー番組の共演者からは、軒並み『共演したくない』と言われたのです。それに追い打ちをかけるように、メインMCを務めていた『私の何がイケないの?』(TBS系)に対して、テレビ局だけでなくスポンサーにまでクレームが殺到したほど深い傷を負いました。そのあと半年くらいは、広告代理店の行うアンケートランキングで、“嫌いなタレント”の1位になりつづけました」(同・記者)

江角はこの1月いっぱいで芸能界から引退し、個人事務所を閉鎖するようだが、今後は夫との関係修復に奔走すると思われる。

「おそらく夫との夫婦仲は大丈夫でしょう。夫はわがままな江角の数少ない理解者であり、彼女をコントロールできる稀有な存在です。そもそも江角は、人気ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)で“スターの頂点を極めた”と勝手に思い込んでいる節があり、『私の何がイケないの?』でも歯に衣着せぬ物言いが受けていましたが、スタッフや共演者からは総すかんだったのです」(同・記者)

フジテレビの社員である夫のサポートをしつつ、などの陰口も聞こえてくる。

江角の夫はフジテレビ社員のディレクターで、ショムニのほかに、『やまとなでしこ』、『HERO』などの人気トドラマを演出した敏腕の持ち主だ。あらためて夫がアドバイザーとして江角を支援すれば、新たに劇団などを立ち上げる可能性は十分にありそうである。

「隙あらば数年後にしれっとして復活するのではないでしょうか」(民放関係者)

“私の何がイケないの?”と開き直る必要もなくなりそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

SMAPの未来を不気味なほど予見していた「過去の名ドラマ」

突然引退の成宮寛貴が出るはずだったドラマ「就活家族」が妙な理由で絶好調!

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観