中居正広のジャニーズと元マネジャーを巻き込んだ「秘策」

(C)まいじつ

中居正広に、具体的なジャニーズ事務所からの独立情報が浮上してきた。独立するのは6月になるのではないかというのだ。これには、それなりの根拠もある。

「中居とジャニーズ事務所との契約は9月9日までという話です。しかし、その直前に契約を更新するというのではなく、3カ月前に意志表示をしないと、1年間の自動更新になってしまうようなのです」(ジャニーズライター)

つまり、ジャニーズ事務所から今年中に退社する意志がある場合、6月9日までに伝える必要がある。そうでなければ、独立するのは自動的に来年以降になるということだ。

「ジャニーズ事務所を退職に追い込まれた元マネジャーのI氏が、年初から活発な動きを見せています。大手芸能事務所T社の社長とも打ち合わせをしている場面が目撃されているのです。I氏は現在、中国関係の貿易会社に勤めているのですが、それは芸能界への復帰を見据えての、中国ルートの確立だといわれています」(同・ライター)

I氏とT社の社長との関係は『SMAP』の解散の前から取り沙汰されていた。

「I氏がT社の協力を受けた芸能事務所を設立することが噂されています。その芸能事務所には、直接に芸能人が所属せず、業務のマネジメント、付き人やマネジャーを派遣するなど、芸能人の活動をフォローするスタイルで運営するという形態を取るようです。ですから、その芸能事務所の運営資金は、扱うタレントのマネジメント料や人材派遣で成り立つものと思われます」(女性誌記者)

そこで中居の存在が注目される。中居が6月にジャニーズ事務所からの卒業を宣言し、個人で活動していくことになった場合は、次のようなことが考えられるのだという。

「中居は、車の送迎やマネジャーをI氏に付けてもらい、仕事の営業をやってもらうことで、ギャラからパーセンテージでI氏にマネジメント料を収める形になるのではないでしょうか。これだと、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長から仕事を頼まれても、提携することが可能でする。かなり考えられた仕組みだと思います。中居は以前にジャニーズ事務所を辞めた赤西仁や諸星和己などとも、フリーランスの仲間として提携したいようです」(同・記者)

では、香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎はどうなるのか。

「もちろん彼らもジャニーズ事務所を辞めて、個人で活動し、I氏にマネジメントを依頼することになるでしょう。ジャニーズ事務所からの仕事は、気が乗ればやる、やりたくなければ所属ではないのでスルーできます。造反組の4名にとって、かなり活動しやすい形態だと思います」(芸能事務所関係者)

この話は続報が入り次第、またお伝えしよう。

 

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

※ ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観