テレビの仕事がない!安藤美姫「私生活切り売り」の裏とは

A安藤美姫

これも、浅田真央(25=中京大学)の復帰余波だろうか。安藤美姫(27)が『私生活』の切り売りを始めた。

「新恋人とのツーショットだけではなく、愛娘を加えたスリーショットがブログ等で公開されました」(スポーツ紙記者)

新恋人とは、スペインのフィギュア選手のハビエル・フェルナンデス(24)のこと。カレの胸もとに顔を埋めるアツアツ写真だけでもスケート関係者は呆れていたが、愛娘の顔写真公開にはさらに衝撃を受けていた。

「安藤自身が公表するとは思いませんでした。愛娘を出産(2013年4月)したことを明かしたのは彼女でしたが、父親探しについては頑なに拒んできたはず」(前出・スポーツ紙記者)

私生活の切り売りは、まさに真逆への方向転換である。JOC関係者がこう説明する。

「安藤は自分が考えていたほど、テレビ業界の仕事が増えなかったことで焦りがあるようです。私生活の写真を公開したのは、話題作りだと思います」

フィギュア解説者の仕事といえば、「荒川静香、八木沼純子、ときどき織田信成」といった感じで、安藤にはほとんどお呼びが掛からない。現役引退を表明した直後は解説者を務めていたが、評判はよくなかった。