九州場所が面白い!「モンゴル勢満身創痍」で日本人力士優勝なるか

hakuhou03

9年ぶりに日本人力士の優勝があるかもしれない。

九州場所(11月8日初日、福岡国際センター)は番付発表も終わり、力士たちはいっせいに臨戦態勢に入った。しかし、肝心の注目力士たちがいっこうにパッとしない。

先場所、左ひざを痛め、横綱になって初めて休場した白鵬(30)はようやく医者に稽古再開のゴーサインをもらい、11月20日の香川県丸亀市巡業から秋巡業に合流した。

しかし、「(巡業に)出るからには稽古しないと」と出発前、再起に向けて意欲的なところを見せたが、やはりいきなり泥まみれの猛稽古は無理だった。

久しぶりの土俵入りには、「グッとくるものがあった。行けなかった(巡業地の)方々には申し訳なかった。これから一生懸命がんばりたい」と話したものの、注目の稽古は最後にやっと取組に復帰した程度

。九州場所の出場にはあくまでも前向きだが、果たしてこんな状態で序盤から飛ばしていけるのか疑問だ。

2場所連続休場中の日馬富士(31)も、「今度は出る」と出場宣言し、秋巡業終盤には本格的な稽古を開始したが、まだ痛めた右ひじには分厚いサポーターが巻かれたままで、休場前の状態には程遠い。