財閥トップが逮捕されても犯罪歴が「消えてしまう」韓国社会の闇

ろん / PIXTA(ピクスタ)

ろん / PIXTA(ピクスタ)

韓国の朴槿恵大統領と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告側に賄賂を贈った容疑などで、サムスングループの事実上のトップ李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が2月17日に逮捕された。

「朴大統領の疑惑を捜査している特別検事は、1月16日に李副会長に対する逮捕状を請求し、同時に通信大手のSKグループ、食品大手のCJグループ、ロッテなどの大手財閥にも捜査の手を伸ばしていました。しかしながら、韓国ではこれまでにも財閥トップが何度も逮捕されながら、特赦されるという状況が続いてきており、今回も最終的にはそうなるでしょう。こうした背景には、韓国経済が抱える財閥偏重という、重篤な病が横たわっています」(在日韓国紙特派員)

例えばSKの崔泰源(チェ・テウォン)会長は、2003年にグループ会社に対する背任と粉飾などで有罪判決を受け、2013年には横領で実刑判決を受けている。李副会長の父親の李健熙(イ・ゴンヒ)会長も、1997年に盧泰愚(ノ・テウ)元大統領への贈賄事件で逮捕され、2009年には背任などで有罪になった。

「財閥のスキャンダルは枚挙にいとまがありません。上位財閥で犯罪に関わった経験のないオーナーは少数であり、逮捕や起訴されるオーナーなど珍しくもないのです」(同・特派員)

そして、逮捕されたり、有罪判決を受けたりした財閥オーナーの多くがその後、特赦され、犯罪歴そのものがなくなっている。韓国の国民は、これら事実をよく知っており「有銭無罪! アイゴー!」と泣き叫ぶ。

政府も癒着を疑われながら、何度も財閥のガバナンスにおける構造改革などを進めようとした。だが改革は遅々として進まない。

今後もこうした韓国経済の内患は“反日”という庶民のはけ口として噴出し続けることになる。

 

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉「A LIFE」で医学生に見せられないと指摘されたシーン

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

※ 清水富美加の引退にNHK絶句「また『まれ』の出演者が…」

※ 小林麻央の「病状の中身」を報じたメディアに批判が集まる