演技が下手だと言われる佐々木希が吹き替え声優に起用された理由

(C)まいじつ

女優の佐々木希が声優に挑戦する。これが大不評で、どうして彼女の起用だったのか、疑問の声さえ出ている。

佐々木が声優として登場するのは映画『キングコング~髑髏(どくろ)島の巨神~』(3月25日公開予定)の日本語吹き替え版だ。

「2月16日に行われた公開アフレコでは棒読み丸出し。もちろん正式な録音もNG連発。スタッフも呆れるぐらいヘタだったという話が伝わっています」(映画ライター)

キングコングは1933年にアメリカで生まれた特撮映画で、猿が巨大化した怪獣ものだ。今作にはミュージシャンのGACKT、プロレスラーの真壁刀義も登場する。

「佐々木とGACKTときたら話題作りしかないでしょう。でも、どうして佐々木の起用だったのか、本当に不思議です。話題にはなっていますが、映画を見たらガッカリして逆に客足離れの可能性もあります」(同・ライター)

主演は調査遠征隊の隊長コンラッド役のトム・ビドルストンで、これをGACKTが演じる。佐々木は『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞受賞のブリー・ラーソン演じる写真家のウィーバー役だ。主役ではないものの、それに次ぐ出番と言っていい。

「佐々木は各メディアが行っている『美しいのに演技がヘタな女優』ランキングで、ほぼベスト3に選ばれている。まさかヘタさで映画を売ろうとしているのか…。奇をてらったとしか思えません」(女性誌編集者)

声優は顔が見えない分、声の表現力なので演技より難しいという見方もある。ならばなおさら、なぜ佐々木なのか分からない。

「怖いもの見たさ」の佐々木起用か?

「陰で言われているのは“ヘタだからいい”説です。例えば一流の声優を持って来れば面白くも何ともない。それこそ、ただの“吹き替え”であって映画ファンも興味を持たないでしょう。ところが佐々木なら、どれぐらいヘタか興味もそそる。“逆も真なり”の理屈にもなる。怖いもの見たさです」(同・編集者)

それにしても佐々木は、なぜここまで評価が低いのか。

「ドラマを見る限りでセリフに抑揚がない。一本調子です。しかもドラマでは顔の表情もいつも同じ。今回は映画ですが、あの“棒ゼリフ”が出るかと思うと、もしかして笑いを狙っているのかも」(映画評論家)

そう言われれば、確かに興味が湧いてきた。

 

【あわせて読みたい】

※ 乃木坂46のコンサートの裏でAKB48が味わった「屈辱」

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ ドラマ・相棒で新たな相棒の候補に浮上した元「SMAP」メンバー

※ 朝ドラのまれ以外にも…テレビ界で囁かれる「呪いのドラマ」

※ 佐々木希のセクシーCMに寄せられた賛否両論の声