豊洲問題で会見する石原慎太郎元都知事のおぞましい暴言の数々

(C)まいじつ

東京都議会は、豊洲新市場の移転問題を検証するため、百条委員会の設置を決定した。石原慎太郎元知事らの証人喚問は3月18~20日の間で実施される見通しだ。また、石原氏自身も3月3日に記者会見を開くことを明言している。

石原氏は、2003年の東京都知事選挙で300万票以上を獲得して再選を果たすなど、かつては人気政治家として栄華を極めた時代があった。しかし、いまではまるで“罪人”のごとく、豊洲市場問題の黒幕として表舞台に引きずり出されようとしている。小池百合子都知事の方がメディアや有権者へのアピールが上手であることを差し引いても、ここまで石原氏が凋落したのはなぜだろうか。

「昨年の都知事選では、石原氏の小池都知事に対する『大年増の厚化粧』という発言が批判されました。しかし、石原氏は昔から暴言や差別発言を繰り返してきた人です。女性を中心に、かなり多くの人がそれを覚えているので、石原氏の失政だけでなく、その人となりが批判されているのです」(全国紙政治部記者)

いままで石原氏は、一体どんな酷い発言をしてきたのか振り返ってみよう。

1999年9月に重度の知的・身体障害者療養施設を視察したあとで、「(重度の障害者について)ああいう人ってのは人格あるのかね」と発言した。さらに「西洋人なんかは(障害者を)切り捨てちゃうんじゃないか。そこは宗教観の違いだと思う」と勝手な宗教観まで披露した。知的障害者団体から抗議された石原氏は「文学者としての表現」と弁明していた。

そして、2001年には裁判にまでなった“ババア発言”が飛び出している。

「これは僕じゃなくて、松井孝典(東大教授)が言っているんだけど、文明がもたらした最も悪しき有害なものはババアなんだそうだ。女性が生殖能力を失っても生きてるってのは無駄で罪ですって」

この発言に対しては『謝罪を求める会』が設立され、東京地裁に損害賠償請求が起こされた。2005年2月の判決で裁判長は「東京都知事という要職にある者の発言としては不用意」などと指摘しながらも、原告らの損害賠償請求を棄却した。なお、松井教授は「自らの趣旨とは異なる発言をされた」と言っている。

石原氏は外国人に対する差別発言も多い。2000年4月に、陸上自衛隊練馬駐屯地創隊記念式典では次のように述べた。

「東京では不法入国した多くの三国人、外国人が非常に凶悪な犯罪を繰り返している。すごく大きな災害が起きたときには大きな騒動、事件すら想定される」

もともと“三国人”という言葉は、戦後に自国にも相手国(敵国)にも属さない中立国の国民の意味で使われていた言葉で、日本の植民地支配下に置かれていた地域の出身者に対して、他の外国人と区別する目的で使われた。しかし、いつからか、朝鮮人と台湾人の代替語として使われるようになり、次第に差別的なニュアンスを伴うようになっていった。多くの人が聞きなれない言葉をわざわざ使い、しかも、そうした外国人が震災か何かのときに暴動を起こしかねないと発言したわけだ。

石原氏には抗議や非難が殺到し、記者会見で「外国人の皆さんの心を傷つけるつもりはないので、今後は、その言葉を一切使わぬようにいたします」と遺憾の意を表明した。

こうした石原氏の失言や暴言は“石原節”と呼ばれ、エンターテインメントとして消化されてきた部分もあるが、もはや、そんな時代は完全に終焉している。

3月3日の記者会見に注目だ。

 

【あわせて読みたい】

※ 宮沢りえと森田剛が準備万端で4月に結婚へ

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

堀北真希が芸能界引退へ向かい桐谷美玲が危機にさらされる!?

※ 香取慎吾の「やる気」を奪ったレギュラー番組で起きた事件

※ 史上最低月9「突然ですが、明日結婚します」はもう立て直し不可能