TBS「好きか嫌いか言う時間」の出演依頼から記者が逃げる理由

kou / PIXTA(ピクスタ)

当初は単発番組として放送され、昨年から月曜日のゴールデンタイムにレギュラー番組になった『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)。この番組は、出演者が主張を真っ向からぶつけあうディベート番組で、衣着せぬ物言いで激しいバトルを繰り広げることが特徴になっている。

しかしながら、《芸能記者や芸能レポーターVSタレント》という企画では、記者やレポーター陣が「出演したくない」と、オファーの電話を最初から着信拒否にして電話に出なかったり、直前での出演キャンセルなども相次いでいるという。

「打ち合わせの段階で、タレントや俳優たちに有利になるように進んでいくことが暗黙の了解で知らされます。揚げ句の果てには、編集によって“ピー”という音で消されたはずの固有名詞が、いつのまにかインターネットの掲示板などに流出していたりもするのです。記者が情報を漏らすことは考えにくいので、テレビ局の人間から漏れたのでしょう」(TBS関係者)

ある放送回では、芸能記者が「芸能人の情報を教えてくれるホテルがある」と話をしたところ、ネット系のライターがそのホテルに「芸能人の情報をください」と殺到して、ホテルに大迷惑を掛けたという。また、番組制作の過程も記者泣かせであるという。

「この番組は事前の打ち合わせが長く、2時間以上も事前打ち合わせしている割には、本番でほとんどと言っていいほど反映されていませんない。打ち合わせのときからスタッフが撮影をしているので、『まるで取り調べを受けているようだ』と話す記者もいました」(芸能レポーター)

とりわけ、番組製作陣が気にしているのが、司会者である坂上忍についてだという。過去に坂上のスキャンダル記事を書いた記者は出演させない。

「坂上は、芸能記者に対して極度に警戒するようなことはなく、仕事以外でも、居酒屋で機嫌がよければ会話したりもするほどです。ただ、批判記事などのことは執念深く覚えているといいます。番組制作側はそうしたことも先回りして配慮していますが、このことは芸能記者や芸能レポーターが不愉快だと感じている理由のひとつです」(同・関係者)

 

「こんな企画が成り立つことがおかしい」と言う記者も

さらに、あるベテランの芸能記者は次のように話す。

「いくら番組を盛り上げるためであっても、わざわざ芸能記者を呼んでおいて『記事を書かれるのが不愉快』とタレントに言わせる感覚が、いかにも安易で単純だ。こんなタレントの“ガス抜き”に対応する記者もどうかしていると思う。テレビ番組はタレント側の土壌だということは分かる。だが、それだったら逆に、週刊誌に『芸能記者をどう思うか』なんて、タレントに複数聞く記事があるのかどうか。そういった記事がない以上、この企画で番組が成り立つと考えるほうがどうかしている。めったに記事を書かない記者連中がひな壇に並べばいいんじゃないですか」

このように、番組内容に加えて、身内でもある芸能記者に対しても冷ややかな意見もある。

しかし、過去にスキャンダルを書かれたタレントを出演させることができれば視聴率を稼げる。

「例えば、のんとそれをたたいた記者、あるいは清原和博やASKAといった大きなスキャンダルを起こしたタレントを出演させて、記者と対決させるなどしないと、本気であるかどうか分かりません。あまり醜聞がないタレントと、記者が対決をしていても、予定調和で全然面白みがないでしょう」(芸能関係者)

この先も“記者VSタレント”の構図は番組内で見られるだろう。芸能記者やレポーターが、サンドバック状態になる覚悟を持って番組に出ることができるかどうかにも注目したい。

 

【画像】

kou / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 宮沢りえと森田剛が準備万端で4月に結婚へ

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

堀北真希が芸能界引退へ向かい桐谷美玲が危機にさらされる!?

※ 島崎遥香がAKB卒業後に給料激減でメンバーにおごられる

※ 香取慎吾に続き草彅剛が仕事から干され始めている