嵐・櫻井翔と小川彩佳アナの交際が明るみに出た本当の理由

(C)まいじつ

『SMAP』の解散後、名実ともにアイドル界の頂点に君臨する『嵐』。そのなかでも、前総務事務次官を父に持ち、自身は慶応大学卒業という“エスタブリッシュメント”な家系の櫻井翔は、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で月曜日のキャスターを10年半も務め、すでにベテランの風格さえ備え始めている。

「後輩の小山慶一郎や中丸雄一はもちろん、先輩の井ノ原快彦までもがキャスターの仕事に進出できたのは、櫻井の成功例があったからです。新たな土壌を開拓した功労者として、ジャニーズ事務所は櫻井にさまざまな特権を与えています」(放送作家)

そんな櫻井に発覚したのが、テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーとの交際騒動だ。ジャニーズ事務所の与える特権が“女遊び”に関するものかどうかはさておき、この交際は何らかの意図があるものではないかという疑いが浮上している。

一部メディアには、SMAPの解散騒動で世間の悪評に晒された、メリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長の、“イメージ回復作戦”だと報じたところもあった。だが、「今回の報道はそんなちんけな理由じゃない。ジャニーズが最も恐れる問題を隠すためだ」との情報がもたらされた。

「昨年から今年にかけ、松本潤と二宮和也の嵐メンバーを筆頭に、『Hey! Say! JUMPの伊野尾慧、『ジャニーズJr.』のメンバーで京本政樹の息子である京本大我など、かつてないペースで、ジャニーズ事務所所属タレントの女性問題が表沙汰になっています。そして、ここ数年のジャニーズに関するスキャンダルには、セクシー女優が大きく関わっています。問題はそこにあるのです」(日本テレビプロデューサー)

 

過去の数多くのスキャンダルを掘り起こされないために

葵つかさと3年間も交際していた松本潤、明日花キララとシンガポールで密かに会っていた伊野尾慧。さらに過去に遡れば、村西とおる監督作品の中で梶原恭子との関係が暴露された田原俊彦、野坂なつみと結婚した野村義男、倖田梨紗と同棲していた田中聖…。現在、女優の宮沢りえと交際中の『V6』森田剛は、宮沢の前は美雪ありすと“結婚間近”と報じられていた。まさに、ジャニーズの“裏の歴史”を彩るのはセクシー女優たちと言っても過言ではないのだ。

「問題なのは、人権派の弁護士がセクシー女優の“強制労働問題”を追及し、それが外国人記者クラブや特派員協会を通して世界に発信されていることです。今後に、国際社会へさらなる広がりを見せると、セクシー女優とのスキャンダルが掘り返され、ジャニー喜多川社長の少年愛裁判の過去にまでつながる可能性があります。そうなると、ジャニーズ事務所が悲願としている東京五輪関連の仕事から間違いなく外されるでしょう。ジャニーズ事務所が最も恐れているのはそこで、櫻井くんと小川アナの交際報道は、過去のスキャンダルからの目くらましをするためのようなものなのです」(同・プロデューサー)

2020年まであと3年。そのあいだは危ないタレントを石にくくりつけてでも管理しないと、ジャニーズ事務所の夢見ている東京五輪は、夢のままで終わってしまうに違いない。

 

【あわせて読みたい】

※ 嵐・櫻井翔が小川彩佳アナを選んだ理由

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ 「嵐」松本潤と交際が発覚したセクシー女優の葵つかさは何者?

※ 島崎遥香がAKB卒業後に給料激減でメンバーにおごられる

※ 香取慎吾に続き草彅剛が仕事から干され始めている