2017年も立て続けに起こっている芸能人不倫まとめ

(C)Shutterstock

昨年はベッキーと『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音に始まり、芸能メディアを大いににぎわせた“ゲス不倫”報道。今年もまだ2カ月と少ししか経過していないが、その勢いは止まらない。ここで一度整理しておこう。

 

俳優・袴田吉彦とグラドル・青山真麻

1月12日発売の『週刊新潮』が報じて明らかになった、俳優の袴田吉彦の不倫報道。袴田は2010年にグラビアアイドルの河中あいと結婚し、現在は1児の父親である。報じられた不倫相手はグラビアアイドルの青山真麻で、彼女は報道後に『バイキング』(フジテレビ系)にVTRで出演し、ツイッターでは売名行為を指摘されて炎上した。青山が「袴田さんはアパホテルに行きたがる」と証言していたことから“アパ不倫”と呼ばれる羽目に。

 

「Hi-STANDARD」横山健とマギー

音楽バンド『Hi-STANDARD』の横山健と、タレントのマギーによる不倫が報道されたのは、1月13日発売の写真週刊誌『フライデー』誌上。横山から言い寄って去年の8月ごろから交際がスタート。横山はマギーよりも23歳年上で、さらには既婚者な上に2児の父親。マギーは報道後もテレビに出演を続け、大手メディアではこの不倫は続報の報道がなかったことから、所属芸能事務所が揉み消したのでは? という憶測が流れている。

 

元女優・江角マキコと実業家A氏

1月24日発売の『女性自身』で報じられたのが、元女優の江角マキコと実業家A氏の不倫報道。江角はフジテレビ局員の夫と結婚しており2児の母。A氏も既婚で、投資詐欺事件を起こして有罪判決を受けた人物だ。江角は雑誌が発売される前日の23日に、いきなり芸能界からの引退を宣言した。理由は《子供たちのために、今、私にしかできないことを選択し専念する》ためで、《不倫関係などには断じてございません。事実無根》としている。

 

「8.6秒バズーカー」はまやねんと一般女性

お笑いコンビ『8.6秒バズーカー』のはまやねんと、一般女性との不倫が報じられたのは1月27日発売の写真週刊誌『フライデー』の誌上。はまやねんは去年の9月に子供が生まれたことを機に結婚している。ふたりの一般女性との不倫現場を写真に撮られているが、ツイッターには《フライデーの記事での浮気については全くの誤解》と投稿している。

 

女優・太田莉菜と若手俳優

俳優の松田龍平の妻で、女優の太田莉菜が、家から出ていって別居状態であることを2月9日発売の『女性セブン』が報じている。同誌は続報で、太田が若手俳優と特別な仲になり、松田龍平出演の連続ドラマ『カルテット』が一段落した時点で、離婚届が出されるなどとしている。特別な仲である若手俳優の名前については報道がない。俳優の落合モトキや、太田と同じ芸能事務所の三浦貴大ではないかとの憶測を呼んでいる。

 

女優・清水富美加と「KANA-BOON」飯田祐馬

宗教団体『幸福の科学』に出家した女優の清水富美加は、2月17日発売した自著『全部、言っちゃうね。』のなかで、“好きな人”のことで悩んでいたと告白。これに対し、2月21日に音楽バンド『KANA-BOON』ベーシストも飯田祐馬が、バンドの公式サイトで《私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました》と不倫関係にあったことを認め、謝罪文を掲載した。

芸能記者は「女優の満島ひかりの弟で俳優の満島真之介も、3月7日発売の『女性セブン』でデリヘル嬢とラブホテルに2時間滞在したと報じられています。芸能人の不倫や浮気は、週刊誌の売り上げ部数に直結し、テレビでもワイドショーで取り上げるため、各芸能メディアは力を入れています。満島の件は少し気の毒な気もしますが、2013年に初主演した映画『風俗行ったら人生変わったwww』みたいに人生が変わるかもしれませんね(笑)」と話している。

 

【画像】

(C)Anetlanda / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 中居正広と香取慎吾が4月に独立発表か

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

堀北真希が芸能界引退へ向かい桐谷美玲が危機にさらされる!?

※ 島崎遥香がAKB卒業後に給料激減でメンバーにおごられる

※ 香取慎吾に続き草彅剛が仕事から干され始めている