亀梨和也が突然「木村さんと仲がいい」と発言した真意

(C)まいじつ

亀梨和也がジャニーズ事務所から異例の“説得工作”をされている。あるいは、すでに懐柔されたという話が伝わってきた。

亀梨は3月8日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演していたが、そのときの状態は誰が見ても尋常ではなかったという。

「番組の冒頭で『TOKIO』の国分太一が『本日のゲストは亀梨和也さんです』と紹介したことには驚きました。いくらテレビ番組でのゲストとはいえ、ジャニーズ事務所内の人間関係は縦社会です。間違っても後輩に“さん”付けはしません。まして、国分は過去にテレビ番組内で自分を『編集長』と呼ばせ、批判されたこともあります。そんな人間が“さん”と言ったのは不思議です」(テレビ雑誌編集者)

だが、国分の不自然な紹介は、まだまだ序の口だった。

「国分の司会に続き、女性の声でナレーションが流れ、『木村拓哉さんとの知られざる関係を初告白』と、番組案内がされたのです。亀梨が木村のことを嫌っているのは、芸能界の仲では有名なので、その瞬間に“作り話”だろうと想定できました」(同・編集者)

同番組では亀梨のこれまでの活動を題材にして、いつジャニーズに入って、いつから活動をしているかを“ジャニーズ年表”を追って進行していった。

「亀梨が小学生のころにリトルリーグのすごい選手で、いずれは甲子園にも出場可能だったと、TOKIO全体で持ち上げていました。ジャニーズの野球大会でも力の違いを見せたなど、番組は“亀梨祭り”でした。そして、番組が始まって10分が過ぎたころに、国分が『ジャニーズで仲のいい人は?』と問いかけると、亀梨は『木村さん』と即答していました。さらに矢継ぎ早に『海、山に連れてってもらったり』と話し始めたのです。これにTOKIOのメンバー『すげぇ!』で驚嘆し、その後は亀梨が、木村に車で送ってもらった話や、休みに誘ってもらった話など、木村を美化する話が続きました」(ジャニーズライター)

亀梨はSMAPの解散後、木村と新しいグループを結成するのではないかという情報も出ていた。

「木村とのグループ結成の話が出たときに、亀梨は『木村なんかとやりたくねぇ』と言ったのです。このことは多くのメディアが伝えています」(女性誌記者)

しかし、今回のテレビ番組では、木村は優しい人で、自分をかわいがってくれるという話ばかりをしていた。

「ジャニーズ事務所が、木村の人気を再び高めるために、亀梨に『木村さんはいい人』だと言わせたのでしょう。そうでなければ、これまでの木村と亀梨の問題は説明がつきません。亀梨はジャニーズ事務所に説得されたのか、すでに懐柔されたのか…」(同・記者)

亀梨は中居正広のことを慕っているので、一緒にジャニーズ事務所を出ていく前の、“最後のご奉公”だったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

※ 「山下智久<亀梨和也」の戦略を取るジャニーズ事務所の思惑

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

堀北真希が芸能界引退へ向かい桐谷美玲が危機にさらされる!?

※ 島崎遥香がAKB卒業後に給料激減でメンバーにおごられる

※ 香取慎吾に続き草彅剛が仕事から干され始めている