ピース・綾部祐二がアメリカ挑戦を中止?

(C)まいじつ

お笑いコンビ『ピース』の綾部祐二が昨年に発表した“アメリカ行き”が中止になった可能性があるという。

綾部は昨年10月に記者会見を開き「アメリカでコメディアンを目指す」と宣言した。その際には、この4月に渡米し、ニューヨークで活動する予定だった。しかし、3月になっても、その兆しが一向にないため、一部の夕刊紙などが《渡米中止》と報じ始めた。

「もともと、どうして綾部がアメリカ行きを選んだのか分かりませんでした。本人は、相方の又吉直樹が芥川賞を取ったことに触発されたと言っていますが、理由は不明のままだったのです。綾部の夢でもあるそうですが、当時から『寝たときに見た夢じゃないの?』という笑い話にもなっていました」(お笑い関係者)

綾部は英語が全くできないことも明かしている。しかし、できないままで渡米する予定だった。

「コメディアンで成功したら、ハリウッドに進出して俳優にもなりたいとも言っており、目標がしっかりと定まっているように思えませんでした。思い付きで言った可能性も考えられます」(同・関係者)

 

変わった性格の綾部

綾部は3月11日放送の『超ハマる!爆笑キャラパレード』(フジテレビ系)で、司会の陣内智則に「綾部さんもそろそろニューヨークに行っちゃいますが」と振られると、「もしかしたら、もうちょっといるかもしれません」と歯切れの悪いコメントを残している。綾部は陣内とともに、同番組で司会を務めている。

「綾部は週末にテレビ東京のスポーツ番組の生放送にもレギュラー出演しています。勢いでアメリカ行きを発表したものの、収拾がつかなくなって、このまま話題が風化するのを待っているのではないでしょうか。最近はアメリカ行きのことを口にしたことがありません」(芸能ライター)

綾部はかつて、“年上好き”を公言し、30歳年齢の離れた“若貴兄弟”の母である藤田紀子さんとの交際を騒がれたこともある。

「吉本興業所属の芸人のなかでもイケメンで知られています。司会も嫌みのない話しぶりで評判がいい。でも、藤田さんとの交際騒動もそうですが、どこか変わった性格ではあるのです。又吉が芥川賞を取ったときも『年下なのにすごい』という少し変わった感想を述べていました。アメリカ挑戦を表明したときも『人生60年として、あと20年』と語り、取材陣も頭の中にはてなが浮かんでいました。それに妄想癖があるようです」(同・ライター)

あと半月で4月になるが、果たしてどうなるのか。

 

【あわせて読みたい】

※ 中居正広と香取慎吾が4月に独立発表か

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

堀北真希が芸能界引退へ向かい桐谷美玲が危機にさらされる!?

※ 島崎遥香がAKB卒業後に給料激減でメンバーにおごられる

※ 香取慎吾に続き草彅剛が仕事から干され始めている