侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

siiixth / PIXTA(ピクスタ)

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。侍ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。

キューバとは1次ラウンドでも対戦し、侍ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝利している。2度目の対戦には菅野智之が先発登板したが、投球内容が乱調で1次ラウンドのときのような、日本主導の試合展開にはならなかった。

「コントロールが悪すぎました。(捕手の)小林誠司の構えたところと逆方向にボールが抜けることが多かったのです」(スポーツ紙記者)

菅野は試合前に「最低でも六回までは(投げたい)」と意気込んでいたが、4回を4失点でマウンドを下りることになった。まさに不調である。

そんな不振の菅野に対し、侍ジャパンのスタッフは記者団と違う見解を語っていた。

「キューバはベンチからコースや球種を教える“文化”があるのです。バッテリーがサインを交換すると、キューバベンチから一斉に声が出ていました。菅野が『サインを読まれた』と直感し、意図的に逆方向に投げたボールもいくつかあった」

 

小久保監督の2つの英断

さらに、このキューバ戦では1次ラウンドのキューバ戦とは違い、八回の試合終盤の勝ち越し以外に侍ジャパンがリードしていたのは、山田哲人が先頭打者本塁打を放った1回裏まで。その後は得点をリードするキューバを追いかけ続け、同点にはできるが勝ち越せないというもどかしい展開が続いていた。

同点のままイニングが進んだ六回表、このころから小久保裕紀監督が右手を顎にあて、遠くを見る表情に変わった。WBC本番を迎え、窮地に陥ったときに見せる仕種だ。菅野が4イニングしか投げられなかった。残り5イニングの継投に関しての悩みか、それとも同点にはできるが勝ち越せないという嫌な展開に対するものか。リリーフ登板を待機をしている藤浪と岡田に関しては、取材陣のあいだで「本調子ではない」の情報も交錯している。

そんな小久保監督の心を晴らしたのが、内川聖一と山田哲人だった。

今大会ではプロ野球のシーズンと違い、打撃でチームへの貢献が光るラッキーボーイ的な存在の小林誠司。その小林は、この試合でも2安打を放っている。だが、同点で一死一三塁の勝ち越しの場面で迎えた小林の打席に、代打で登場したのが内川だった。今大会に“代打の切り札”として招集された内川は、この期待に応えて犠飛を放ち、ベテランらしくきっちりと仕事を果たして見せた。

そして、その内川の打席の直後に勝利を決定づけたのが山田だ。2試合連続で一番打者から外れていた山田だったが、小久保監督はこの試合で山田の打順を再び一番に戻していた。その理由をこう語っていた。

「打撃練習でよかったから」

その小久保采配は的中する。山田は先頭打者本塁打に加え、内川の勝ち越し打のあとには2点本塁打を放ってみせた。

 

気がかりな投手起用

キューバ戦を終えて、侍ジャパンは2次ラウンドで2勝。次戦のイスラエル戦に勝てば、2次ラウンド1位通過が決まる。イスラエル戦で負けた場合は、オランダ対キューバの試合結果次第で、イスラエル、オランダ、日本が2勝1敗で並ぶ可能性があり。そうなると、敗退もしくはプレーオフとなる。

「試合後ですが、権藤博投手コーチが試合を締めくくった牧田和久に近寄り、そのままベンチ裏に連れ出して何か話し込んでいました。時間にして1分程度でしたが、牧田が歓喜の和に戻るまでちょっと難しい表情をしていました」(関係者)

プレーオフはイスラエル戦の翌日に行われる。もし侍ジャパンがプレーオフを戦うことになった場合、キューバ戦から数えて3日連続の試合になる。WBCでは投手の3連投が禁じられており、2連投とした投手は3日目の試合に出場ができない。キューバ戦で侍ジャパンは6投手を登板させている。

 

決勝ラウンド進出が決まるまでは、決して油断のできない状況が続く。

 

 

【画像】

siiixth / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 「野球王国」の威信をかけて侍ジャパンに挑んだキューバ

※ WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた

※ 山田哲人を米メディアがMLBの最も注目する日本人野手と紹介

※ 侍ジャパンWBC2戦目も勝利!打線は好調も…

※ WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは