WBCは「適応能力」が勝敗を分ける

(C)Shutterstock

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の観客動員数は、すでに60万人を超えたという。前売り券の売上げ状況から見出した計算ではあるが、WBCは大会回数を重ねるごとに認知度を上げ、野球ファンを拡大しているようだ。

「侍ジャパンと対戦したキューバ、オーストラリア、中国、オランダ、イスラエルの選手たちは、日本の応援に驚いていました。声援だけでこんなに球場全体に響くのか、と。さらには、日本の球場は整備が行き届いていて、きれいだと感心していました」(米国人ライター)

野球文化の違いも攻撃面で表れた。日本は点差が大きくリードしていても、貪欲に1点を取りに行く。これに対して、“侮辱された”と誤解した投手も出たという。その通りなら、余計な敵愾心を買う恐れもある。まだ一方で、まるでマスゲームのように一糸乱れぬ日本のバントシフトに驚いていたチームもあった。技術や戦略のきめ細やかさならば、日本は世界一である。しかし、フィジカル面やパワーでは敵わない。アメリカの球場に多く見られる急勾配のマウンド、表面が滑るとされるWBC使用球への違和感にしてもそうだろう。

 

恵まれた日本の環境とは違う海外の野球

「NPBの大半の選手は学生時代に『国際大会』を経験しています」

学生野球の関係者がそんな話をしてくれた。観客席全体が敵陣営を応援するビジターゲームの苦しさはもちろんだが、学生の国際大会における練習環境は必ずしも“公平”ではないことも多かったという。

日本の大学代表チームがアメリカに乗り込んだ際には、現地の野球場を借りられず、陸上競技場で練習したこともあったそうだ。また、ホテルのシャワーからはお湯が出ず、冷たい水で身体を洗ったことも。今回のWBCで来日した海外チームに対し、日本の主催関係者は最大限のもてなしをしたが、過去の学生の海外遠征では、練習環境の不公平はむしろ当たり前だったと話す。

「松坂世代の選手が大学生だったころは、陸上競技場での練習しかできませんでした。でも、和田毅は走り幅跳びの踏み切り板をプレート板に見立てて投球練習をしていましたし、野手陣もバットの振れるスペースを探して自分なりに練習していました」(関係者)

こうした不公平感のなかで、学生指導者たちは「こいつはプロに行ってから伸びる選手」と「そうでない選手」が分かったとも話していた。

マウンドやボールへの違和感はハンディになるかもしれない。しかし、こうした違和感や野球文化の違いを楽しむくらいでなければ、国際試合では勝てないのだ。

「NPBの選手も、いまでは春季キャンプ前の自主トレを、海外で行うのは当たり前のようになってきました。単に温かい気候を理由に海外に行くのではなく、現地の野球環境も同時に学ぼうとしてきた選手が、今回の侍ジャパンに招集されたようにも思います」(前出・関係者)

今大会で四番打者を務めている筒香嘉智は、シーズン後のウインターリーグで自身を鍛え上げている。野球文化、球場施設の違和感はあって当たり前の世界だ。侍ジャパンはアリゾナで調整をかねた練習のあとに、準決勝のアメリカ戦に臨む。だが、アリゾナは風が吹くたびに土埃が舞うような土地だ。行き届いた日本の球場施設では考えられない。彼らには違和感を存分に楽しんでもらいたい。

(スポーツライター・飯山満)

 

【画像】

(C)Shany Muchnik / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 侍ジャパンWBC6戦全勝で準決勝の舞台アメリカへ

 侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

※ WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた

※ 山田哲人を米メディアがMLBの最も注目する日本人野手と紹介

※ WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは