「偽装のデパート」東洋ゴム 11.12臨時株主総会は大荒れ必至!

出典 : http://www.shutterstock.com

出典 : http://www.shutterstock.com

“お騒がせ企業”の代名詞『東洋ゴム工業』が11月12日、大阪で臨時株主総会を開く。

不祥事が相次ぎ、企業ブランドが大きく毀損していることから、関係者は「大荒れ必至。経営陣が株主からつるし上げを食うのではないか」との厳しい見立てで一致する。

東洋ゴムは今年3月に免震ゴムのデータ改ざん問題が発覚した。

全国各地のマンションや病院など、154棟に納入した免震ゴムで性能不足が判明していたにもかかわらず、今年の2月まで出荷を続けていたことから、当時の社長だった信木明会長が7月1日付で辞任している。

これで一件落着かと思いきや、8月には新たな問題が発覚した。電車や船に使われる防振ゴムで材料試験を省き、偽装データで出荷していたとの内部通報があったのだ。

ところが監督官庁に報告したのは9月末。会社が記者会見して事実関係を公表したのは、もっと遅れて10月14日のことだ。