映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『さようなら』

sayounara

汚染された世界の終末が、金髪ヒロインの哀愁ヌードとともに!

『さようなら』
ファントム・フィルム配給/新宿武蔵野館ほかで11月21日より公開
監督/深田晃司
出演/ブライアリー・ロング、ジェミノイドFほか

正直言って、私はパツキン女優好きであることを公言している。

おまけに、女優さんが脱いでくださることに無邪気に喜ぶタイプの俗な男である。本作のパツキン女優ブライアリー・ロングは、アメリカ出身で、オックスフォード大学日本語学部を首席で卒業した才媛。日本で女優として舞台・映画・CMで活躍している異色の存在だ。映画は、ほかに同じ深田監督の『歓待』にも出ていた。