「あの人はいま」能年玲奈に和解金1億円で6月「所属事務所独立」の正念場

nounen

もはや過去の人になってしまった“あまちゃん”こと能年玲奈(22)は、今年が本当に正念場だ。

一昨年の秋口から、仕事とギャラをめぐって所属事務所と対立。女性振付師が積極的に独立を勧め、現在はその女性のマンションに住みこみ状態だという。

「能年側は、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)に出ていたころは月給5万円で、下着さえ買えない薄給だったと主張。一方、事務所サイドは途中から20万円に増額。夏冬合わせて200万円以上のボーナスを払ったとした。さらに翌14年、夏冬合わせて800万円払ったので年総額1000万円を超えたと言ったのです」(芸能プロ関係者)