タイムスリップした米国人男性がすべてを語った・2079~2749年の地球

al_bielek

西暦2079年の世界にタイムスリップして、2年を過ごした男がすべてを語った。1927年生まれの米国人男性、アル・ビーレック氏は2173年を6週間、2079年を2年間生きたと主張している。

オカルト研究家は「アル氏がこれまで記憶していることをポツポツ語ってきているんですが、驚くべきことに彼が語った後、気候変動など数々の出来事が実際に起こったり、起こりつつあるんですよ。なぜ、アル氏がタイムトラベルできたのかというと、かの有名なアメリカ海軍による実験、『フィラデルフィア・エクスペリメント』の実験体だったからです」と話す。