49年ぶりに目撃情報が寄せられた伝説の「モスマン」は大惨事の予兆か?

mothman

イリノイ州マクレーン郡の男性が昨年11月、「おうし座流星群」を観察するため、深夜12時に自宅の庭で夜空を眺めていた。

男性は、「家の明かりが邪魔だったので、全ての明かりを消しました。そして、5~10分後、最初の流星が出現しました」と語る。

男性はその後、家の中からイスとソフトドリンクを持ち出し、ゆったりと流星を観察しようとした。

「でも、小さな流星を1つか2つしか見ることができませんでした」

男性が期待はずれの流星群観察を打ち切って家に入ろうとしたとき、突然、彼は自分に向かってくる“何か”に気づいたという。