脳神経外科医が体験した「死後の世界」

エベン・アレクサンダー医師

エベン・アレクサンダー医師

ハーバード大学の脳神経外科医エベン・アレクサンダー博士が「死後の世界はある」と断言し、大きな話題になっている。

死後の世界はあるのか…人間にとってかなり大きなの関心事だ。

これまで臨死体験をして、生還した人々が死後の世界について語った例はたくさんある。

「川の向こうに花畑」、「光のトンネルを抜けると花畑があった」などだ。

個人個人で違うものを見るのではなく、異なる国の人でも同じビジョンを見ているので、このビジョンは本物ではないかという指摘もある。しかし、臨死体験で見た死後の世界は、低酸素状態特有の幻覚という説明もある。