被害総額60億円の「押し花詐欺」をやりくりしていた女社長の実像

出典:https://pixta.jp

出典:https://pixta.jp

押し花や生花を加工して、ブーケや額縁作品を作るフラワーアート。その教室を経営する傍ら、作品をイベントなどに貸し出す事業への出資名目で金を騙し取ったとして、警視庁は1月21日に『フラワーライフ』(東京都渋谷区)社長の村田多恵子容疑者(58)と、同社役員の瀧山佳代容疑者(46)を詐欺の疑いで逮捕した。

「村田容疑者らは、作品のレンタル事業に出資すれば収益が確実に得られると、教室の受講生や愛好家を勧誘。その内容は、1口30万円の作品を買わせ、それを会社が預かってレンタルすることにより、毎月1万5000円を36カ月間支払うというものでした」(社会部記者)