いまどきのビール売り子はアイドル級 プロ野球観戦へ出掛けてみては…

shutterstock_97905992

shutterstock.com

東京・練馬の会社員Aさん(38)は大の野球好き。年間最低20試合は球場に駆けつけるという。

「家が西武線沿線なので、子どものころからライオンズファン。清原(和博)選手や工藤さん(現ソフトバンク監督)に、サインをもらったこともあります。ほんと、あのころのライオンズは無敵でしたよ。大学生のときには神宮球場に一本で行ける地下鉄大江戸線が開通して、セ・リーグはヤクルトスワローズファンになりました」(Aさん)

そんな彼の楽しみが球場での生ビール、ご指名の“カンパイガール”もいるという。

「売り子アイドルが出てきたように、最近はそこらのアイドル顔負けの売り子も多いんです。ぼくのお気に入りは神宮にいる石原さとみ似の大学生。もちろん球場だけのお付き合いですけど、ケータイでツーショットも撮らせてくれましたよ(笑)」(Aさん)

ちなみに生ビール一杯は各球場で異なり、西武ドームは700円、神宮球場は750円、東京ドームは800円となっている。決して安くはないものの、お気に入りの彼女に注いでもらう生ビールは格別なものなのだろう。そんなAさんはこの夏、西武ドームで件の石原さとみ嬢に出会ったという。