【吉見健明のダッグアウト取材メモ】ミスタータイガース・掛布雅之との思い出(前編)

出典:https://pixta.jp

出典:https://pixta.jp

二軍とはいえ、27年ぶりにタテジマのユニフォームに袖を通した掛布雅之監督(60)の舌が、じつに滑らかだ。報道陣の取材に積極的に答えるし、ファンの目を意識しているのか、練習中も気の利いたコメントで場内を沸かせているという。

もちろん、指導者としての眼力も卓越しており、春季キャンプは二軍スタートとなったドラフト1位のルーキー、高山俊外野手(22)を熱心に指導。素人目にも高山のスイングは格段によくなってきていると、現地入りしているスポーツ紙記者から聞いた。

掛布との思い出話といえば数えきれないくらいあるのだが、やはり1985年、阪神日本一のシーズンが一番多い。その中で、岡田彰布がからんだエピソードを紹介しよう。