南米で発掘された身長3mの「巨人ガイコツ」の正体は?

Giant-Human-Skeletons

全長3mの巨人の全身骨格の化石が発掘され、研究が進められている。

巨人は、2013年にアマゾン地域のペルーとエクアドルの国境近くで発見されたという。英国の人類学者ラッセル・デメント博士は「現在、ドイツの研究チームが調査しており、巨大化の謎を解明しようと奮闘している」と語る。