戦国時代の騎兵の馬は小型のポニーだった!

出典:https://pixta.jp

出典:https://pixta.jp

甲冑を着た侍が精悍な馬に跨り、敵陣をにらみつける。時代劇の合戦描写などでよく見るシーンだが、実はこれにはとある大きな嘘があるという。

それは馬のサイズ。当時の日本の馬は140~150cmくらいのポニーばかりだったというのだ。牧場などで子供が乗馬体験するのによく用いられるあのポニーと同じ分類の小型馬である。

勇猛果敢な武士たちが、そんな小さい馬に乗って戦っていたのかと想像すると、なんだか情けないような気持ちにもなってくる。